株式会社e.cubed cafe2LDK > 株式会社e.cubedのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件でトラブルなくペットを飼う方法とは?原状回復の際の注意点も解説

賃貸物件でトラブルなくペットを飼う方法とは?原状回復の際の注意点も解説

≪ 前へ|賃貸物件のクロスの黄ばみはなぜ起こる?落とし方のポイントとあわせて解説   記事一覧   入居中の賃貸物件で途中からペット飼育の際に知っておきたいポイントを解説|次へ ≫

賃貸物件でトラブルなくペットを飼う方法とは?原状回復の際の注意点も解説

近年はペット飼育可の物件も増えてきているため、賃貸物件でもペットを飼うことが珍しくなくなっています。
しかし、ペット飼育可の物件であっても、ペットと一緒に暮らすうえで注意しなければならないことはたくさんあるのです。
今回は、賃貸物件でペットを飼う際の注意点や、退去時の原状回復についてくわしく解説しましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件でペットを飼う際の注意点とは?

ペット飼育可の物件だと他の入居者もペットを飼っている可能性が高いため、ある程度はお互い様な部分も多いはずです。
しかし、住み始めてみないとわからないこともあるので、なるべく周囲に迷惑をかけないように、そしてペットにストレスを与えないように気を付けなければなりません。
とくに心配なのが、鳴き声や走り回る音による騒音トラブルです。
無駄に鳴いたり走ったりしないようにしつけておくことはもちろん、遮音性の高いマットを床に敷くなどの対策が必要になります。
ただし、制限してばかりだとペットがストレスを感じて病気になったり、脱走する可能性があることも、注意点として押さえておきましょう。
こまめに散歩をするだけでなく、休みの日には思いきり走り回れる場所に連れて行って、運動不足を解消するのも良いでしょう。
また、飼い主が留守がちだとペットが寂しがってしまうため、家にいる時間を意識的に増やすようにすることも大切です。

賃貸物件でペットを飼う際に知っておくべき原状回復について

ペットと一緒に暮らしていると通常ではつかないような汚れや傷、そしてにおいが部屋についてしまうため、退去時の原状回復について気になる方も多いのではないでしょうか。
ペット飼育可の物件であっても、飼い主には原状回復の義務があります。
どこまでの破損や汚損に対して原状回復費用を請求されるのか、その範囲を巡ってトラブルになることも少なくありません。
賃貸物件によっては、賃貸借契約書の特約条項に細かい内容が盛り込まれていることもあるため、事前にしっかり確認しておきましょう。
とくに、ペットが柱や壁などで爪研ぎをしてしまった跡や、クロスに開けてしまった大きな穴などは、貼り替えや交換が必要になるので、高額な修繕費用を請求される可能性があります。
また、ペットのトイレ掃除などをこまめにおこなわなかったことで部屋全体ににおいが染み付いてしまった場合なども、壁や天井のクロスを貼り替える必要があるため、高額請求につながりやすいでしょう。

賃貸物件でペットを飼う際に知っておくべき原状回復について

まとめ

賃貸物件でペットを飼うにあたって、周囲に迷惑をかけたりペットに負担を与えたりしないよう注意点を確認し、しっかりと対策を考える必要があります。
だと退去する際には原状回復義務が発生するため、どのような内容になっているのかを契約書できちんと確認しておきましょう。
私たちe.cubedは、お客様のご要望にスピーディーにお応えいたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸物件のクロスの黄ばみはなぜ起こる?落とし方のポイントとあわせて解説   記事一覧   入居中の賃貸物件で途中からペット飼育の際に知っておきたいポイントを解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約