株式会社e.cubed cafe2LDK > 株式会社e.cubedのスタッフブログ記事一覧 > 屋外で犬小屋をDIYする必要性と作り方とは?

屋外で犬小屋をDIYする必要性と作り方とは?

≪ 前へ|浸水想定区域の家を売却するときのポイントとは?   記事一覧   結露しやすい家を不動産売却する方法とは?|次へ ≫
カテゴリ:高崎市新築戸建

屋外で犬小屋をDIYする必要性と作り方とは?

一戸建てを購入すると犬を飼ったり、犬小屋を新たにDIYしたりする方がいるでしょう。
そこで今回は、犬小屋の必要性とDIYの仕方や注意点をご紹介します。
一戸建て購入後に屋外でペット飼うことを検討している方は、記事を参考にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

屋外で犬を飼う際に犬小屋の必要性はあるの?

屋外に犬小屋を設置する理由は犬の特性にあります。
犬は外敵から身を守ったり、安心して睡眠したりするために穴を掘って生活をしていました。
カーペットやタオルを掘るしぐさは、犬の生まれ持った特性です。
屋外に犬小屋を設置することで、犬が安心して生活を送ることができます。
飼い犬が快適な暮らしができるように、犬小屋は必要といえるでしょう。

DIYでの屋外用の犬小屋の作り方

DIYで作る犬小屋の多くは木材で作られています。
作り方の流れは、まず完成イメージから採寸して設計図を作成し、必要な材料を揃えます。
材料を揃える際に、木材のカットも必要になります。
自分でカットする方法と、ホームセンターなどでお願いする方法があります。
最近ではDIY人気の高まりもあり、カットする作業部屋や電動のこぎりを有料で貸し出してくれる店もあります。
次に、作成手順を決め、木材を順番に釘やビスなどで固定していきましょう。
このとき、最初は仮組みとして緩めにしておくことがポイントです。
全体をくみ上げたあと、対角状に本締めをし歪みがないように仕上げます。
また、屋外に設置する犬小屋は、雨風をしのぐ必要があるためペンキやニスを塗り対策をしなければなりません。
ニスやペンキを塗り、十分に乾かしたら完成です。

屋外用の犬小屋をDIYする際の注意点

注意点は、3つあります。
1つ目は、塗料のにおいが苦手な犬がいることです。
犬ごとに苦手なこともそれぞれ異なります。
そのため、ペンキのにおいが薄れてから実際に使用してみましょう。
2つ目は、設置場所です。
直射日光にあたる場所に設置すると、人間と同く犬も熱中症を起こす可能性があります。
そのため、地面から離したり通気性の良い空間に設置したりすることがポイントです。
3つ目は、デザインにこだわり過ぎないことです。
デザインにこだわり過ぎると愛犬が気に入らない可能性があります。
愛犬が過ごしやすい犬小屋を考えDIYしましょう。

屋外用の犬小屋をDIYする際の注意点

まとめ

屋外用の犬小屋をDIYするためには材料や時間が必要です。
犬が安心できる犬小屋を意識してください。
犬の特性を理解し過ごしやすい犬小屋をDIYしてあげましょう。
私たちe.cubedは、お客様のご要望にスピーディーにお応えいたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|浸水想定区域の家を売却するときのポイントとは?   記事一覧   結露しやすい家を不動産売却する方法とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


ヴィラブルックサイド

ヴィラブルックサイドの画像

賃料
4.95万円
種別
アパート
住所
群馬県高崎市上並榎町494-6
交通
北高崎駅
徒歩15分

ヘイワレジデンス高崎

ヘイワレジデンス高崎の画像

賃料
7万円
種別
マンション
住所
群馬県高崎市問屋町3丁目5-5
交通
高崎問屋町駅
徒歩6分

フォリアⅡ

フォリアⅡの画像

賃料
4.5万円
種別
アパート
住所
埼玉県深谷市上野台80-1
交通
深谷駅
徒歩16分

プリモ川曲

プリモ川曲の画像

賃料
3.8万円
種別
アパート
住所
群馬県前橋市川曲町362-5
交通
井野駅
徒歩37分

トップへ戻る

来店予約