株式会社e.cubed cafe2LDK > 株式会社e.cubedのスタッフブログ記事一覧 > 家事を楽に楽しく 家事導線の考え方

家事を楽に楽しく 家事導線の考え方

≪ 前へ|庭にドッグランをDIYで作るポイントとは?フェンスや舗装材をご紹介!   記事一覧   転職が住宅ローンに与える影響とは?返済中に転職した場合の手続きも解説!|次へ ≫
カテゴリ:高崎市新築戸建




住み心地や満足度を左右する【家事導線】導線の良し悪しで満足度が変わるといって


いほど、家づくりに導線の工夫はかかせません。


「家事導線をスムーズに」「効率の良い家事導線」などといったフレーズはよく聞き


すが、実際間取りを考える際に“導線って何を考えればいいんだろう”と思う方もいら


しゃるのではないでしょうか。


今回は家事導線の意味と良い間取りのポイントを簡単にご紹介いたします。


ぜひお家づくりの参考にしてくださいね。

家事導線ってなに?


家事導線とは文字通り家事をする際に移動する経路のことをいいます。


つまり生活の中で料理、洗濯、掃除などを行う時に通る経路のことですね!


例えば朝の忙しい時間帯には、食事の準備をしながら洗濯機を回し、食後には洗濯物


干して・・といくつもの家事をこなしながら移動することも多いのではないでしょ


うか。


実はこの動きがうまく機能していないと無駄な動きが増えて生活が不便になってしま


ことがあるんです。

家事導線の良い間取りとは?


家事のための移動は短く、無駄な動きを極力少なくしてスムーズに家事を行えるこ


と。つまり無駄な動きを減らす】ことがポイントになります。


一般的に家事導線の良い間取りとはキッチン、リビング、洗濯、洗面室など、家事で


使場所を近くに配置し、さらに導線上に収納スペースを設けることなどが挙


れます。


ですがどの家庭にとってもそれがよい間取りとはいえませんよね。


なぜなら100の家族があれば100の生活パターンがあるからです。


例えばキッチン近くに勝手口があるととても便利です。ごみ出しが楽になったり、


の買い物をして帰ってきた時も車から直接荷物を運び入れることもできるので、


よってはとても便利な出入口になります。


でも実際住んでみたら玄関のほうが出入りがしやすく、外からの動きも楽だったとな


本来便利な勝手口も使わなくなってしまうかもしれません。


「やっぱりここはいらなかったかも」「ここはこうすれば便利だったな」


と後々後悔しないように、今の家事や時間の流れのなかで


「ここは不便だったから使いやすくしたいな」「このスペースは便だからこのまま


したいな」など、生活パターンや家族の動きを把握しながら間取りを考えると、


事導線のどこをいれて良いのかがわかってきます。



まとめ


繰り返しになりますが、100の家族があれば100の生活パターンがあります。


あなたの家の生活はたったひとつです。


毎日の流れや生活スタイルに合わせて、最適な間取りを考え楽に楽しく家事ができる


間を実現させましょう!


使い勝手がよく良い住みやすい家になれば、家族みんなで楽しく家事ができる日も


はありませんよね。




わたしたちe.cubedは不安や疑問を解消して楽しい家づくりのお手伝いをいたします。


まずはお気軽にお問合せ下さい。



▶▶弊社へのお問い合わせはこちら◀◀







≪ 前へ|庭にドッグランをDIYで作るポイントとは?フェンスや舗装材をご紹介!   記事一覧   転職が住宅ローンに与える影響とは?返済中に転職した場合の手続きも解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約