株式会社e.cubed cafe2LDK > 株式会社e.cubedのスタッフブログ記事一覧 > 転職が住宅ローンに与える影響とは?返済中に転職した場合の手続きも解説!

転職が住宅ローンに与える影響とは?返済中に転職した場合の手続きも解説!

≪ 前へ|家事を楽に楽しく 家事導線の考え方   記事一覧   スケルトン物件をそのまま売却するメリットとデメリットを解説!|次へ ≫
カテゴリ:住宅ローン

転職が住宅ローンに与える影響とは?返済中に転職した場合の手続きも解説!

住宅ローン審査では契約者の返済能力を確認するために、勤続年数や年収などの情報が重要視されます。
そのため、転職の予定がある場合だと、審査への影響を心配される方も多いのではないでしょうか。
今回は、住宅ローンの申し込みと転職のタイミングや、返済中に転職した場合の手続きの必要性についても解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

住宅ローンの利用に転職が与える影響はどのようなものなのか?

住宅ローン審査の際にどのようなポイントをチェックするかは、金融機関によって異なります。
しかし、返済能力に関わる「勤続年数」や「年収」を重視している金融機関は多く、転職することで審査に影響が及ぶ可能性は十分に考えられるでしょう。
一般的に、審査に通過するためには「勤続年数が3年以上」という条件を満たしている必要があります。
転職するとこの勤続年数の条件がリセットされてしまうため、ローン審査が不利になる可能性は高くなるでしょう。

住宅ローンの申し込みは転職前と転職後のどちらが良いのか?

転職と住宅購入の時期が重なった場合、住宅ローンの申し込みを転職前と転職後のどちらにすれば良いのか、悩まれる方も多いのではないでしょうか。
結論から述べると、転職後にローンを申し込むのがおすすめです。
確かに、転職前のほうがこれまでの勤続年数を活かせるというメリットがありますが、年収が確定していない段階だと審査に不利な影響を与える可能性があります。
また、転職後の生活を踏まえて月々の返済額や借り入れ期間などを決められるため、無理のない返済計画を立てやすいでしょう。
注意点として、住宅ローン審査の途中で転職すると審査をやり直すことになる可能性があることを覚えておきましょう。

住宅ローン返済中に転職した場合の手続きと注意点

住宅ローン返済中の転職については、今までと変わらず返済できる場合であっても金融機関への届け出が必要です。
住宅ローン契約時には勤務先を告知しているので、変更があった場合はその旨を知らせなければなりません。
また、住宅ローン控除を利用している場合は、確定申告が必要になることもあるので注意が必要です。
もし、転職したことで年収が下がってしまい、今後のローン返済が困難になるようなら、早めに金融機関へ相談して返済計画を見直すことをおすすめします。

住宅ローン返済中に転職した場合の手続きと注意点

まとめ

住宅ローンを利用するタイミングが転職と重なってしまったときは、ローン審査へ影響する可能性があることを覚えておきましょう。
ローン返済中に転職する場合は金融機関へ届け出をおこなうとともに、年収次第では返済計画の見直しについても考える必要があります。
私たちe.cubedは、お客様のご要望にスピーディーにお応えいたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|家事を楽に楽しく 家事導線の考え方   記事一覧   スケルトン物件をそのまま売却するメリットとデメリットを解説!|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約