株式会社e.cubed cafe2LDK > 株式会社e.cubedのスタッフブログ記事一覧 > 屋根付き駐車場の設置にかかる費用とは?ガレージとの違いや注意点も解説!

屋根付き駐車場の設置にかかる費用とは?ガレージとの違いや注意点も解説!

≪ 前へ|スケルトン物件をそのまま売却するメリットとデメリットを解説!   記事一覧   自宅?それともコワーキングスペース? メリット・デメリット|次へ ≫
カテゴリ:高崎市新築戸建

屋根付き駐車場の設置にかかる費用とは?ガレージとの違いや注意点も解説!

「家の前の駐車スペースに屋根を設置したい」というとき、設置費用はどのくらいかかるのでしょうか。
比較的手ごろな価格で設置できる屋根付きの駐車場には、カーポートがあります。
今回は、屋根付き駐車場としてカーポートを設置する際にかかる費用やガレージとの違い、設置時の注意点について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

屋根付き駐車場としてカーポートを設置する際の費用 

カーポートとは、柱と屋根板で構成される簡易的な車庫のことです。
設置にかかる費用は屋根のサイズや柱の高さ・素材によって大きく変わるため、事前に確認しておくと良いでしょう。
たとえば、1台用のカーポートなら本体価格と工事費用を合計して10万~30万円程度で設置できますが、2台用だと屋根が大きくなるので20万~60万円ほどかかります。
柱を黒やメタリックグレーなどにして高級感を出す場合や、木目調のフレームを選ぶ場合はさらに高額な費用が必要です。

屋根付き駐車場の設置~カーポートとガレージの違いは?~

カーポートとガレージはどちらも同じ屋根付き駐車場ですが、柱と屋根だけでできているカーポートと違い、ガレージは壁で囲まれているのが特徴です。
シャッターを閉めると四面すべてを壁で囲えるため、頑丈な建物になります。
防犯性にも優れているので、カーポートにくらべて車を守る効果が高いのがメリットです。
一方のカーポートは壁で覆われていない分、荷物の積み下ろしが楽にできるなどのメリットがあります。
また、ガレージより設置費用が安く工事にかかる期間も短いため「ある程度車を保護できれば十分」という方にはカーポートのほうがおすすめです。
ただし、ガレージのような頑丈さはないので、台風や大雪で破損する恐れがあります。

屋根付き駐車場を設置する場合の注意点

屋根付き駐車場であるカーポートを設置するときは、道路の境界線に十分注意が必要です。
屋根部分などが道路にはみ出している場合は建築基準法違反になってしまうので、事前にしっかり確認しておきましょう。
また、カーポートの屋根に積もった雪が隣家の敷地に落下してしまうような設計だと、トラブルに発展する可能性もあるため、ご近所への配慮も忘れないようにしなければなりません。
さらに、カーポートを設置するにあたって建築確認申請が必要になるケースもあります。
自治体によって建築物の規制は異なるため、施工業者に相談して確認しておくと良いでしょう。

屋根付き駐車場を設置する場合の注意点

まとめ

屋根付き駐車場としてカーポートの設置を検討されている場合は、設置費用の相場やガレージとの違いなどを確認しておきたいところです。
境界線を確認することやご近所への配慮が必要なことなど、注意点もチェックしておきましょう。
私たちe.cubedは、お客様のご要望にスピーディーにお応えいたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|スケルトン物件をそのまま売却するメリットとデメリットを解説!   記事一覧   自宅?それともコワーキングスペース? メリット・デメリット|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約