株式会社e.cubed cafe2LDK > 株式会社e.cubedのスタッフブログ記事一覧 > 一戸建てでイルミネーションを楽しもう!設置場所・種類・注意点をご紹介!

一戸建てでイルミネーションを楽しもう!設置場所・種類・注意点をご紹介!

≪ 前へ|不動産購入のトップライトとは?メリット・デメリットをご紹介   記事一覧   持ち主が行方不明の不動産売却はできる?失踪宣告と売却方法について解説!|次へ ≫
カテゴリ:高崎市新築戸建

一戸建てでイルミネーションを楽しもう!設置場所・種類・注意点をご紹介!

「家にイルミネーションを飾りたいけど、設置場所に困る」という方がいるかもしれません。
イルミネーションにはさまざまな種類があるため、簡単に決めるのは難しいかもしれません。
この記事では、一戸建てでイルミネーションができる場所や、ライトの種類、楽しむときの注意点についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

一戸建てでイルミネーションができる場所

イルミネーションを設置する場所は、目的に応じて決めると良いでしょう。
家族が仕事や学校から帰ってきたときに、道路からイルミネーションを楽しめるようにしたい場合は、庭への設置をおすすめします。
家のなかから見たい場合は、窓やベランダの内側に設置するときれいに見えます。
家のなかに設置するのであれば、家族が集まるリビングが良いかもしれません。
クリスマスシーズンであれば、クリスマスデコレーションで楽しい雰囲気を、キャンドルでロマンチックな雰囲気を演出できます。

一戸建てのイルミネーションに使えるライトの種類

イルミネーションのライトには、電源・形状・電球でさまざまな種類があります。
ソーラーイルミネーションは、太陽光電池を使用しているため、電気代がかからず簡単に設置できます。
プラグ式イルミネーションは、コンセントが必要なタイプのもので、種類によっては設置のために業者の工事が必要です。
ほかに、電池式イルミネーションなどもあります。
イルミネーションの形状は、主に3種類です。
1本のコードに複数のLED球が付いており、クリスマスツリーなどによく使用されるものは、ストリングライトです。
ほかに、広い面積に適したネットライトや、壁に吊り下げるカーテンライトなどがあります。
最近は、モチーフライトやプロジェクターを使った、おしゃれな家も増えています。
電球には、白熱球・蛍光球・LED球などがありますが、消費電力や発熱量の面から考えると、LED球がおすすめです。

一戸建てでイルミネーションを楽しむときの注意点

光の強さや向きによっては、カーテン越しでも眩しく感じる場合があります。
このため、近所に住む方の睡眠を邪魔しないための工夫が必要です。
点滅ではなく常点の設定にしたり、指定時刻で消灯するタイプのイルミネーションを設置したり、周囲に迷惑とならない策を講じましょう。
ほとんどのイルミネーションには、漏電対策が施されています。
しかし、耐水性には防水・防雨・防滴など、さまざまなレベルがあるため、注意書きをしっかり読んで使用しましょう。

一戸建てでイルミネーションを楽しむときの注意点

まとめ

一戸建てでイルミネーションができる場所や、ライトの種類、楽しむときの注意点についてご紹介しました。
イルミネーションには電源や形状などさまざまな種類があり、庭・ベランダ・リビングなどに設置できます。
雨による漏電や、近所の方への迷惑に気を付けながら、イルミネーションを楽しみましょう。
私たちe.cubedは、お客様のご要望にスピーディーにお応えいたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産購入のトップライトとは?メリット・デメリットをご紹介   記事一覧   持ち主が行方不明の不動産売却はできる?失踪宣告と売却方法について解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約