株式会社e.cubed cafe2LDK > 株式会社e.cubedのスタッフブログ記事一覧 > 永住権なしで住宅ローン契約は可能?永住権との関係をご紹介

永住権なしで住宅ローン契約は可能?永住権との関係をご紹介

≪ 前へ|庭の地面の素材の選び方とは?素材別のメリット・デメリットをご紹介   記事一覧   建売住宅を購入する際のチェックポイントをご紹介|次へ ≫
カテゴリ:住宅ローン

永住権なしで住宅ローン契約は可能?永住権との関係をご紹介

永住権がなくても住宅ローンが組めるのか、知りたいと思っていませんか?
日本では永住権なしでも土地や建物の購入は可能で、住宅ローンも契約できます。
しかし永住権なしの外国人は住宅ローンの審査がとおりにくいのが現状です。
今回は、住宅ローンと永住権なしの関係をご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

住宅ローンにも影響する永住権とは?

永住権とは、在留期間を制限されずに外国人が滞在国に永住できる権利です。
滞在国で永住権を持つ外国人を永住者と呼びます。
日本では永住者の在留期間は無制限で、出入国管理および難民認定法に定める職業に就く限りは制限なしとされています。
在留資格更新の手続きも不要です。

永住権なしでも住宅ローンを組むことは可能だが難しい

住宅ローンに永住権があり・なしは必須条件ではないです。
しかし、実際は永住権を持っているのを前提にしている銀行は多く、永住権を必須にしていない銀行を探さなくてはいません。
ローン契約者が外国人の場合は、定住性も審査項目として重要です。
住宅ローン契約後に母国に帰国してしまうと住宅ローンの回収も難しくなってしまうので、永住権のあり・なしを重要視します。
たとえば、日本人や永住権を持つ配偶者がいるか、日本語でのやり取りが可能か、安定的な収入があるかなど確認されるでしょう。
配偶者にも永住権がない場合は不可能ではないですが、より審査が厳しくなり選択肢も限られます。

永住権なしの住宅ローン対策とは?

現状では、住宅ローンで永住権ありを条件とする銀行が多く、条件にしていない銀行を探す必要があります。
日本人や永住権を持つ配偶者がいる場合は、連帯保証人になってもらう条件で住宅ローンが組める可能性があるので、銀行に相談しましょう。
夫婦2人ともに永住権を持たない場合は、母国の銀行の支社が日本にあれば対応できる可能性もあります。
しかし、日本の銀行ではないので、金利が高かったり頭金が必要だったりするケースもあるのでしっかりとチェックしてください。
永住権があれば住宅ローンを組みやすくなるので、取得を目指すのも対策の1つです。
永住権取得条件を確認して、条件を満たしていれば申請してみましょう。
ただし、審査には約4か月以上かかるので住宅ローンを組みたい場合は余裕をもって早めに申請してください。
日本国籍の取得も永住権とおなじで住宅ローン審査に影響します。

永住権なしの住宅ローン対策とは?

まとめ

永住権なしで住宅ローンを組むことは可能かをご紹介しました。
永住権は住宅ローンの条件ではありませんが、実際はほとんどの銀行が必須条件にしています。
永住権なしで住宅ローン契約するのは難かしいので、永住権の取得や日本国籍の取得などの対策をおすすめします。
住宅ローンを考えている方は、ぜひ参考にしてください。
私たちe.cubedは、お客様のご要望にスピーディーにお応えいたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|庭の地面の素材の選び方とは?素材別のメリット・デメリットをご紹介   記事一覧   建売住宅を購入する際のチェックポイントをご紹介|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約