株式会社e.cubed cafe2LDK > 株式会社e.cubedのスタッフブログ記事一覧 > 建売住宅を購入する際のチェックポイントをご紹介

建売住宅を購入する際のチェックポイントをご紹介

≪ 前へ|永住権なしで住宅ローン契約は可能?永住権との関係をご紹介   記事一覧   不動産購入のトップライトとは?メリット・デメリットをご紹介|次へ ≫
カテゴリ:高崎市新築戸建

建売住宅を購入する際のチェックポイントをご紹介

建売住宅の購入を検討している方に選び方のコツをお伝えします。
間取りや価格をチェックするのは当たり前ですが、それ以外の部分で大切なチェックポイントが3つあります。
それは、住環境、性能、契約条件です。
それぞれのチェックポイントを1つずつご紹介しますので、建売住宅の購入に役立ててください。

弊社へのお問い合わせはこちら

建売住宅の購入チェックポイント①住環境とは?

住環境のチェックでは用途地域を確認することをおすすめします。
用途地域というのは、指定された土地に建てられる建物に制限をかけることを指します。
その土地に建てられる大きさ、床面積、種類などに制限が設けられています。
たとえば、最初は静かな住宅街だと思っていたら、騒音が出る施設が建ってしまった。
少し買い物に不便だけど、いつかコンビニができるかもと思っていたら、コンビニが建てられない地域だった。
など、最初に調べておかないと後悔する可能性があります。
そして接道状況も重要で、家の前の道路が狭すぎるなど不便がないか確認をしましょう。
最後は日当たりの確認です。
日が当たる時間に家をチェックして、洗濯物が乾くかどうか?1日を通してずっと日陰で困る場所はないか?などを確認しましょう。

建売住宅の購入チェックポイント②性能とは?

家の性能をチェックするには、性能表示制度を活用するのが良いでしょう。
まず耐震等級ですが、等級1は倒壊しないレベル、等級2~3は繰り返し地震が発生しても住み続けられるレベルとなります。
次のチェックポイントは断熱等級です。
断熱性能にプラスして一次エネルギー消費量も基準に含まれましたので、高レベルな基準が設定されています。
等級4の場合は、2013年基準相当の外皮性能があります。
等級2は1980年基準相当、等級3は1992年基準相当なので、これらを目安にしてください。

建売住宅の購入チェックポイント③契約条件とは?

最後のチェックポイントは、建売住宅の契約条件についてです。
建売住宅の契約をする際に気を付けたい契約条件をご紹介します。
まず売買契約書により取引の諸条件が決められますので、しっかりと内容を確認することをおすすめします。
また、特約条項の記載もあるので、こちらもしっかりと確認をしてください。
これらの条件を把握しておかなければ、後々になってトラブルになる可能性もありますので注意しましょう。

建売住宅の購入チェックポイント③契約条件とは?

まとめ

家を購入することは、人生のなかでも大きな買い物となります。
後悔なく購入し、住み続けられるようにするために、下準備をしっかりをおこなっておきましょう。
新生活が楽しく幸せなものとなるように、行動することが大切です。
私たちe.cubedは、お客様のご要望にスピーディーにお応えいたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|永住権なしで住宅ローン契約は可能?永住権との関係をご紹介   記事一覧   不動産購入のトップライトとは?メリット・デメリットをご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約