株式会社e.cubed cafe2LDK > 株式会社e.cubedのスタッフブログ記事一覧 > バス・トイレ別の賃貸物件のメリットとは?デメリットや家賃についても解説

バス・トイレ別の賃貸物件のメリットとは?デメリットや家賃についても解説

≪ 前へ|賃貸物件が瑕疵物件だった!瑕疵物件とはどんな物件?注意点とは   記事一覧   賃貸物件の申し込み後にキャンセルはできる?契約前・契約後のケースを解説|次へ ≫
カテゴリ:賃貸

バス・トイレ別の賃貸物件のメリットとは?デメリットや家賃についても解説

1人暮らしや少人数世帯であっても、住み心地の良さを求めて、バス・トイレ別の賃貸物件にこだわる方は多いものです。
しかし、実際にバス・トイレ別だとどのようなメリットがあるのか、ご存じの方は少ないかもしれません。
そこで今回は、バス・トイレ別の賃貸物件に住むメリット・デメリットや、気になる家賃についてもくわしく解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

バス・トイレ別の賃貸物件に住むメリット

バス・トイレ別の場合、ゆっくりとバスタイムを楽しめるのがメリットです。
バスタブにお湯をためたまま洗い場でシャワーを使えるので、寒い冬でもしっかりと体を温められます。
また、バス・トイレ別だとバスルームのスペースが広いため、シャンプーやボディソープなどをきれいに収納できます。
さらに、トイレを独立して使える点もメリットです。
複数人で暮らしている場合、トイレの順番待ちが発生しやすくなりますが、バス・トイレ別なら誰かがシャワーを使っていても気兼ねなくトイレに入れます。
それ以外にも、トイレが独立していれば比較的広々とスペースを使えるので、トイレットペーパーなどを清潔にストックできる場所を作れるのもメリットでしょう。

バス・トイレ別の賃貸物件に住むデメリット

バス・トイレ別のデメリットとなるのが、家賃が高い点です。
バスルームとトイレを別にすると、設備面でコストがかかるため、その分家賃は高くなります。
それだけでなく、バス・トイレ別の賃貸物件の希少価値の高さや入居希望者の多さも、家賃が上がる理由の1つです。
また、バス・トイレ別だと、掃除に時間がかかる点もデメリットでしょう。
独立した2つのスペースをそれぞれ掃除する必要があるため、忙しい方であれば手間に感じるかもしれません。
さらに、バスルームとトイレに十分なスペースを使っている場合、居住空間が狭くなるのもデメリットです。
ただし、実際に見ると狭さを感じさせない賃貸物件も多いため、専有面積の数字ではなく内見で判断すると良いでしょう。

バス・トイレ別の賃貸物件の家賃

地域にもよりますが、バス・トイレ別の家賃は、一般的な賃貸物件よりも1万円~2万円程度高くなる傾向があります。
そのため、家賃の高さがネックとなり、バス・トイレ別の賃貸物件への入居を諦めてしまう方も多いのではないでしょうか。
しかし、駅からの近さや新しめの物件にこだわらなければ、予算の範囲内でバス・トイレ別の賃貸物件が見つかることもあります。
駅から遠くても敷地面積が広い賃貸物件であれば、居住スペースが広く作られたものも珍しくありません。
まずは、家賃の予算を明確にしたうえで、バス・トイレ別といった住みやすさや、アクセス面などの優先順位を考えてみましょう。

バス・トイレ別の賃貸物件の家賃

まとめ

バス・トイレ別の賃貸物件では、ゆっくりバスタイムを楽しめる点や、入浴中のトイレ待ちがなくなる点がメリットです。
その反面、家賃の高さや掃除の手間は、デメリットとなります。
バス・トイレ別だと1万円~2万円程度家賃は上がりますが、駅から遠い場所も選択肢に入れるなど、予算内で賃貸物件を探してみてください。
私たちe.cubedは、お客様のご要望にスピーディーにお応えいたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|賃貸物件が瑕疵物件だった!瑕疵物件とはどんな物件?注意点とは   記事一覧   賃貸物件の申し込み後にキャンセルはできる?契約前・契約後のケースを解説|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

戸丸 克也 最新記事



戸丸 克也

明るく元気は営業マンとしての最低スキル!! お客様に「こんなことまで!!」と感動して頂ける接客をモットーに日々精進しております!!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る

来店予約