株式会社e.cubed cafe2LDK > 株式会社e.cubedのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸借契約の際の必要書類とは?必要な理由と発行手順を解説

賃貸借契約の際の必要書類とは?必要な理由と発行手順を解説

≪ 前へ|賃貸物件の申し込み後にキャンセルはできる?契約前・契約後のケースを解説   記事一覧   賃貸物件に欲しい設備とは?世帯別にご紹介!|次へ ≫
カテゴリ:賃貸

賃貸借契約の際の必要書類とは?必要な理由と発行手順を解説

賃貸借契約を結ぶ際には、さまざまな書類の提出を求められます。
しかし、その必要性や入手方法について、十分に理解している方は少ないかもしれません。
そこで今回は、賃貸借契約で印鑑証明・戸籍謄本・住民票が求められる理由とその発行手順について、くわしく解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸借契約の必要書類①印鑑証明書

印鑑証明書とは、契約書に押印した印鑑が本物であることを証明する書類です。
重要な契約を結ぶ際に求められる書類ですが、賃貸借契約では、借主だけでなく連帯保証人のものが必要となります。
なぜ連帯保証人の印鑑証明が必要かと言うと、借主の支払いが滞った場合には連帯保証人に請求することになりますが、契約の場に同席しないため本人確認の意味で必要となるのです。
印鑑登録と印鑑証明書の発行は、市役所などでおこないます。
印鑑証明書が必要になったら、印鑑登録証を持参のうえ、窓口で申請してください。
マイナンバーカードがあれば、コンビニ交付サービスも利用できます。

賃貸借契約の必要書類②戸籍謄本

賃貸借契約の際に戸籍謄本の提出を求められたら、その必要性について十分に確認しなければなりません。
なぜなら、戸籍謄本とは生まれてから今までの身分を証明する書類であることから、その管理や使用方法を誤ると、基本的人権やプライバシーの侵害のおそれがあるからです。
戸籍謄本も本人確認書類の1つとして利用されますが、賃貸借契約でこの書類を求められることはあまりないでしょう。
特殊なケースとして、申し込み者と同居する家族との間の続柄が確認できない場合に、提出を求められるかもしれません。
取得方法は、本籍地の役所で発行してもらうのが一般的ですが、転居などで本籍地まで出向くのが困難な場合には、該当の役所が郵送やコンビニ交付サービスに対応しているか確認してみてください。

賃貸借契約の必要書類③住民票

住民票とは、氏名・生年月日・住所・届け出日と以前の住所といった情報が記載された書類で、居住関係を公に証明する際に用いられます。
免許証なども提示することになるため、改めて住民票を取得する必要があるのか疑問に思われるかもしれません。
しかし、免許証や保険証だけだと、他人のものを使われるリスクもあります。
そのため、複数の公的な証明書の情報を照らし合わせる意味でも、住民票が必要となるのです。
賃貸借契約で使用する住民票を取得する場合は、市役所窓口やコンビニ交付サービスで、マイナンバーの記載がないものを発行してください。
借主だけでなく入居する全員分が必要ですので、世帯全員が記載されたものを取得し、ルームシェアの場合は各自取得しましょう。

賃貸借契約の必要書類③住民票

まとめ

賃貸借契約の際には、さまざまな書類の提出を求められます。
印鑑証明書は、契約に同席しない連帯保証人に求められる書類です。
もし戸籍謄本を求められたら、その必要性をよく確認してください。
また、本人確認のための住民票は、マイナンバーの記載がないものを準備しましょう。
私たちe.cubedは、お客様のご要望にスピーディーにお応えいたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

当店では入居後もアフターフォローが出来る専用のLINEアカウントがございます


≪ 前へ|賃貸物件の申し込み後にキャンセルはできる?契約前・契約後のケースを解説   記事一覧   賃貸物件に欲しい設備とは?世帯別にご紹介!|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

戸丸 克也 最新記事



戸丸 克也

明るく元気は営業マンとしての最低スキル!! お客様に「こんなことまで!!」と感動して頂ける接客をモットーに日々精進しております!!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る

来店予約