株式会社e.cubed cafe2LDK > 株式会社e.cubedのスタッフブログ記事一覧 > 家が停電したときの正しい対処法とは?

家が停電したときの正しい対処法とは?

≪ 前へ|マンションでの生ゴミの保管方法どうする?知っておきたいアイデアや注意点   記事一覧   賃貸物件のバルコニーを活用するには?活用例や注意点をチェック!|次へ ≫
カテゴリ:賃貸

家が停電したときの正しい対処法とは?

停電はいきなり起こるものなので、パニックになりがちです。
しかし、正しく対処することですぐに原因を把握することが可能です。
そこで、この記事ではいきなり家で停電したときの正しい対処法を解説していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

家が停電したときに確認すべきことと対処法

いきなり停電が発生すると、どう動けば良いかわからなくなりますよね。
まず確認すべきことは、ブレーカーを確かめることです。
ブレーカーが原因で停電が発生することが多いので、状況を真っ先に把握しておくと良いでしょう。
ここで、簡単にブレーカーの種類をご紹介します。

●赤枠→アンペアブレーカー
●緑枠→漏電ブレーカー
●黄枠→安全ブレーカー


アンペアブレーカーか安全ブレーカーが落ちている場合には、どのような対処法が考えられるのでしょうか。
具体的には、まず電気機器の電源を切ることです。
その後、再度ブレーカーをあげると復旧する見込みが高いとされます。
また、漏電ブレーカーが落ちている場合は、家のなかで漏電が発生している可能性が考えられます。
火災や感電を引き起こすと危険なので、賃貸に住んでいる人であれば、管理会社などへ連絡しましょう。
以上が、ブレーカーを確認する対処法です。
また、自然災害が停電を起こすことも頭に入れておかなければなりません。
近年は、各地で台風や雷が頻発しており、その影響で一時的に電気の供給が止まります。
このような災害時は、復旧まで待ってみてください。

自分が原因で停電したときの対策は?家のなかで可能な対処法を解説

先程も触れましたが、停電の原因にはブレーカーが落ちていることが考えられます。
なかでも、アンペアブレーカーと安全ブレーカーは、自分が原因で落ちることがあるのです。
この2種類は、電気を使いすぎた際や電気機器がショートすると落ちる可能性が高いためです。
逆に言うと、電気を使いすぎないように対策するだけで、ブレーカーが落ちることを防げます。
家のなかにいる時間が多いと、電気を消費しやすいため、電力会社へアンペア数をあげることの依頼も視野に入れておきましょう。
また、自然災害が原因で電気の復旧に時間がかかる際の対処法として、グッズを備えることをおすすめします。
具体的には、

●懐中電灯
●モバイルバッテリー
●電池式のラジオ
●備蓄(飲食物)


です。
これらは、電気が通っていなくても使えるため、万が一の際の対策として活用が可能です。
普段から、家のわかりやすい場所に用意しておくと停電が起きたときに慌てずに動けますね。

自分が原因で停電したときの対策は?家のなかで可能な対処法を解説

まとめ

家で停電が起きたときの対処法は、自然災害以外であればブレーカーを確認することを意識しましょう。
また、自分でできる対策を普段から心がけることをおすすめします。
私たちe.cubedは、お客様のご要望にスピーディーにお応えいたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|マンションでの生ゴミの保管方法どうする?知っておきたいアイデアや注意点   記事一覧   賃貸物件のバルコニーを活用するには?活用例や注意点をチェック!|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

戸丸克也 最新記事



戸丸克也

明るく元気は営業マンとしての最低スキル!! お客様に「こんなことまで!!」と感動して頂ける接客をモットーに日々精進しております!!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る

来店予約