株式会社e.cubed cafe2LDK > 株式会社e.cubedのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件の「ロフト」の使い方を見てみよう!注意点もチェック

賃貸物件の「ロフト」の使い方を見てみよう!注意点もチェック

≪ 前へ|部屋探しをする際にチェック!コンセントの数の目安はどれぐらい?   記事一覧   南向きの家は暑いって本当?すぐにできる対策をご紹介!|次へ ≫

賃貸物件の「ロフト」の使い方を見てみよう!注意点もチェック

賃貸物件を探していると、ロフト付きの部屋をよく見かけます。
しかし、「ロフトってどんな風に使ったらいいの?」と思ってしまう方もいるのではないでしょうか。
今回は、使い方によってはとても便利で役に立つ「ロフト」についてお話していきましょう。
注意点もあわせて見ていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件のロフトのおしゃれで便利な使い方とは?

せっかくロフトが付いている部屋を借りるのなら、できるだけ有効に使っていきたいものです。
ここでは、ロフトのおしゃれな使い方や便利な使い方についてご紹介していきます。

寝室として使う
ロフトに布団を敷いて寝るスペースとして使えば、昼間生活する空間と同じスペースに布団を置くことも避けられますし、生活のオン・オフが切り替えやすくなります。

趣味のものを置く場所として使う
楽器やスポーツ用具を置く場所として使ったり、ハンドメイドグッズや材料を収納しておいたりと、趣味のものを片付けておくスペースとして役立ちます。

書斎として使う
ロフトを書斎や仕事部屋として使えば、テレビなどの気が散るものが近くにないので集中しやすくなります。

部屋干しをするために使う
天気が悪い日に洗濯をしたときや、一人暮らしの女性で洗濯物を外に干したくない場合などに、洗濯物を干すためのスペースとして利用することができます。

賃貸物件のロフトの使い方の注意点とは?

せっかくのロフトも使い方を間違えると、かえって暮らしにくくなってしまったり、全く利用しなくなったりするものです。
ロフトがある部屋では、次のようなことに注意して有効活用できるようにしましょう。

空気の循環をよくする
部屋によっては室内の空気の循環が悪く、ロフト部分が極端に暑かったり寒かったりすることもあります。
エアコンとサーキュレーターを併用するなど、空気の循環をよくするための工夫をしましょう。

あまり使わないものをしまっておく
はしごを昇り降りする必要のあるロフトは、ついつい昇るのが面倒で使わなくなってしまう人もいます。
夏服や冬服の衣替えや扇風機、ヒーターなど決まった季節にしか使わない物を収納する場所にしておくのも、有効な使い方のひとつです。

小型掃除機などを使ってこまめに掃除する
ロフトも部屋の一部として、掃除をする必要があります。
小型掃除機や粘着式のカーペットクリーナーなどの手軽なアイテムを使って、こまめに掃除をするようにしましょう。

賃貸物件のロフトの使い方の注意点とは?

まとめ

ロフトがある部屋は見た目にもおしゃれですし、室内の空間を広く使えるというメリットがあります。
上手に使えば生活スペースにメリハリをつけたり、収納場所を増やしたりすることができるので、工夫して使っていきましょう。
私たちe.cubedは、お客様のご要望にスピーディーにお応えいたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|部屋探しをする際にチェック!コンセントの数の目安はどれぐらい?   記事一覧   南向きの家は暑いって本当?すぐにできる対策をご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約