株式会社e.cubed cafe2LDK > 株式会社e.cubedのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件の玄関ポーチとはどのような設備?使い方や注意点もチェック!

賃貸物件の玄関ポーチとはどのような設備?使い方や注意点もチェック!

≪ 前へ|賃貸探しに役立つ!間取り図の略語(記号)の意味と内見の重要性についてご紹介   記事一覧   部屋探しをする際にチェック!コンセントの数の目安はどれぐらい?|次へ ≫
カテゴリ:賃貸

賃貸物件の玄関ポーチとはどのような設備?使い方や注意点もチェック!

最近は、賃貸物件などでもきちんと門扉が付いていて玄関ポーチがある、一戸建てのような玄関回りの物件があります。
賃貸物件の玄関ポーチとはどのような設備で、使い方にはどれぐらいの自由度があるのでしょうか。
賃貸物件にお住まいの方なら知っておきたい、設備の使用上の注意点もあわせてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件の玄関ポーチとはどんな設備でどんなメリットがある?

賃貸物件の玄関ポーチとは、門扉から玄関までの間のスペースのことを言います。
マンションの共用廊下に門扉が設置されておりその部屋に住んでいる人のみが使用できる部分ではありますが、あくまでも共用部分であるという認識が適切でしょう。
ポーチと同じようなものとして、「アルコーブ」というものがあります。
アルコーブには「くぼみ」という意味があり、マンションの共用廊下から玄関前の部分が少しくぼんでいるスペースのことを言います。
玄関部分がくぼんでいるため、ドアを開けたときに共用廊下から室内が見えにくいというメリットがあります。
アルコーブと玄関ポーチの大きな違いは、門扉があるかどうかという点です。

玄関ポーチがあることのメリット

●部外者が入りにくくなるため防犯面で役立つ
●他の住居と差別化することができる
●見栄えやインテリア性がアップする

賃貸物件の玄関ポーチの使い方で注意したいポイントとは?

賃貸物件でも玄関ポーチがあるとまるで一戸建てのような玄関回りになりますが、使い方においてどんな注意点があるのでしょうか。

私物を置く場合について
ある程度の私物を置くことは可能ですが、あくまでも共用部分なのでオーナーによっては置いてもいい私物が制限されている場合があります。
生き物である植物や、サイズの大きい自転車などを置く場合には注意が必要です。
また、玄関ポーチ部分が避難経路にされている場合、避難のじゃまになるようなものを置くことは控えましょう。

掃除について
廊下などの共用部分は、マンションの管理会社がおこなうのが一般的です。
玄関ポーチも共用部分なので管理会社が掃除をしますが、私物が置いてある場合は隅々まで掃除がおこなわれることはありません。
細かい部分の汚れを放置することで建物が劣化しないように、住民が掃除をする必要があります。

破損について
玄関ポーチが破損してしまった場合の修理費用は、破損の原因が住人によるものか、そうでないかによって異なります。
あらかじめ契約書によく目を通しておくようにし、破損があった場合には早めにオーナーに相談するようにしましょう。

賃貸物件の玄関ポーチの使い方で注意したいポイントとは?

まとめ

賃貸物件の玄関ポーチとは、共用廊下設置された門扉の内側から玄関ドアまでのスペースのことを言います。
玄関ポーチに置いてもいい私物には制限があるところもあるので、決められたルールを守ることが大切です。
私たちe.cubedは、お客様のご要望にスピーディーにお応えいたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸探しに役立つ!間取り図の略語(記号)の意味と内見の重要性についてご紹介   記事一覧   部屋探しをする際にチェック!コンセントの数の目安はどれぐらい?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

戸丸克也 最新記事



戸丸克也

明るく元気は営業マンとしての最低スキル!! お客様に「こんなことまで!!」と感動して頂ける接客をモットーに日々精進しております!!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る

来店予約