株式会社e.cubed cafe2LDK > 株式会社e.cubedのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件によくある「メゾネット」のメリットとは?注意点やデメリットはある?

賃貸物件によくある「メゾネット」のメリットとは?注意点やデメリットはある?

≪ 前へ|賃貸物件に付いている「出窓」のメリットとは?どんな活用法があるの?   記事一覧   群馬県佐波(さわ)郡の住みやすさ・治安はどんな感じ?|次へ ≫
カテゴリ:賃貸

賃貸物件によくある「メゾネット」のメリットや注意点とは?

「メゾネット」とは一般的に住宅の内部に内階段があって、2階以上の階層で構成された集合住宅のことを言います。
アパートからちょっと高級なマンションまで、賃貸物件にもメゾネットタイプの住居は存在します。
ではメゾネットタイプの物件には、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。
今回は、メゾネットタイプの物件のメリットや注意点についてお伝えしたいと思います。

弊社へのお問い合わせはこちら

メゾネットタイプの賃貸物件のメリットとは?

はじめに、メゾネットタイプのメリットについてご紹介します。
メゾネットタイプは集合住宅でありながら2階があるため、居住エリアを用途別に区分しやすいというメリットがあります。
たとえば1階はリビングダイニングなど家族のスペース、2階は寝室や子ども部屋というように、共有エリアとプライベートエリアを戸建て感覚で区別することができます。
また、各階に日光や風を取り入れられる窓やバルコニーがあるので、通常のフラットタイプと比較して、採光や風通しがよいという点も大きなメリットです。
メゾネットでも吹き抜けがあるタイプであれば、天井が高くなることで開放感や採光性も高くなるだけでなく、部屋自体が実際の面積よりも広く感じられるというメリットがあり、さらに室内の雰囲気もぐっとお洒落になります。
さらにメゾネットのよい所として、たとえ2階で子ども達が走り回っても階下への騒音をそれほど気にせずに済むという点もあります。

メゾネットタイプの賃貸物件のデメリットや注意点とは?

おしゃれで機能的なメリットも多いメゾネットですが、デメリットや注意点もあります。
先述の通り、メゾネットタイプには居室内に内階段があります。
その分、1階の居住スペースが若干狭くなってしまうという点はデメリットと言えます。
そして階段があることによって転落などの事故につながったり、階段の昇り降りが身体的に負担になったりというように、バリアフリーの観点や安全面での心配が出てきます。
これは特に小さなお子様やご高齢の方、妊娠中の方にとって注意点となるので、「転落防止ネット」や「すべり止めシート」の貼り付けなど対策するとよいでしょう。
また、通常のフラットタイプの物件と比較すると、どうしても洗濯や洗濯を干す場所までの移動や掃除箇所の増加など、家事動線は長くなるのもデメリットと言えそうです。
メゾネットでもリビング階段や吹き抜け仕様の場合などは、冷暖房など空調の効率が悪くなるケースもあるので、「サーキュレーター」や「シーリングファン」の設置などを検討してみましょう。

メゾネットタイプの賃貸物件のデメリットや注意点とは?

まとめ

メゾネットタイプの賃貸物件は、戸建てとマンションやアパートのよい部分を併せ持っており、スタイリッシュな見た目も魅力です。
特にメゾネットタイプのマンションは物件数も限られており、希少性も高くなっています。
デメリットや注意点もありますが、賃貸物件でもできる対策を講じることで改善できる可能性も十分あります。
もし賃貸物件をお探し中にメゾネットタイプを見つけたら、ぜひ一度内覧してみてはいかがでしょうか。
私たちcafe2LDKは、お客様のご要望にスピーディーにお応えいたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸物件に付いている「出窓」のメリットとは?どんな活用法があるの?   記事一覧   群馬県佐波(さわ)郡の住みやすさ・治安はどんな感じ?|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

戸丸克也 最新記事



戸丸克也

明るく元気は営業マンとしての最低スキル!! お客様に「こんなことまで!!」と感動して頂ける接客をモットーに日々精進しております!!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る

来店予約