株式会社e.cubed cafe2LDK > 株式会社e.cubedのスタッフブログ記事一覧 > オール電化仕様の賃貸物件のメリットとは?オール電化の特徴もチェック!

オール電化仕様の賃貸物件のメリットとは?オール電化の特徴もチェック!

≪ 前へ|通常タイプと分譲タイプの賃貸物件の違いとは?分譲タイプのメリットを知ろう!   記事一覧   「カードキー」の賃貸物件は防犯性が高い?メリットや注意点とは?|次へ ≫
カテゴリ:賃貸

オール電化仕様の賃貸物件のメリットとは?オール電化の特徴もチェック!

賃貸物件もオール電化となっているものが増えていますが、オール電化だとどんなメリットが発生するのでしょうか。
オール電化の持つ特徴やメリットについてご紹介していくので、オール電化の賃貸物件が気になっている方はぜひ参考にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

オール電化の賃貸物件は光熱費がお得?オール電化の特徴とは

オール電化にすることで、家のエネルギーをすべて電気で賄えるようになり、ガスを使用せずに空調や給湯、調理がおこなえます。
電気ですべての設備を動かすことができるので、ガスが原因で起こる事故を防ぎ、安全性にも優れた設備を取り入れやすいです。
オール電化の設備としては、IHヒーターやエコキュートなどがあり、IHヒーターはガスコンロとは違って電気コンロとなっているので、火を使わないことで安全性が高くなっており、夏場の調理もキッチンが暑くなりにくく、掃除もしやすくなっています。
エコキュートや電気温水器は、お湯をタンクに貯める設備になりますが、設備によっては電気代の安い夜間にお湯を沸かしておくことができるので、節約したい場合にも活用できます。
オール電化にすることでエネルギーの一本化ができるため、ガス代と電気代の二種類の費用を支払う必要がないことも、オール電化の特徴です。
エネルギーを一本化することで、ガスと電気を併用している住宅に比べると、光熱費の節約が期待できます。

オール電化の賃貸物件を選ぶメリットやデメリットとは?

ガスを使わないで済むオール電化は、火災が発生するリスクが低いことも大きなメリットとなっています。
たとえば、ガスコンロだと気を付けていても調理の際、中に火が燃え移ってしまうなどして火傷を負ってしまうこともあります。
IHヒーターなら燃え移りの心配はほぼないでしょうし、焦げ付き検知器が取り付けられているので有事の際には、自動的にスイッチが切られ調理中に起こる事故のリスクはかなり下げられるでしょう。
また、IHヒーターは濡れた布巾で汚れを拭き取るだけで簡単に手入れができるため、きれいに保っておきたい賃貸物件では掃除のしやすさも高評価できますね。
それだけでなく、災害が起こったとき電気はガスよりも復旧が早いということもメリットの一つです。
ですがその反面、エネルギーを一本化しているため、停電してしまうと何もできなくなってしまうデメリットがあります。
電気が使えない状況になると、ライフラインがなくなることになるため、停電時は電気の復旧を待つことになってしまいますので、そこは念頭に置いておきましょう。

オール電化の賃貸物件を選ぶメリットやデメリットとは?

まとめ

オール電化は昼間の電気代は高く、夜間の電気代が安く設定されています。
夜間に電気を使うことが多いライフスタイルの方であれば、光熱費を安く済ませることもできます。
自分のライフスタイルに合わせた賃貸物件選びのために、電気やガスといった設備にも注目してみてくださいね。
私たちcafe2LDKは、お客様のご要望にスピーディーにお応えいたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|通常タイプと分譲タイプの賃貸物件の違いとは?分譲タイプのメリットを知ろう!   記事一覧   「カードキー」の賃貸物件は防犯性が高い?メリットや注意点とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

戸丸克也 最新記事



戸丸克也

明るく元気は営業マンとしての最低スキル!! お客様に「こんなことまで!!」と感動して頂ける接客をモットーに日々精進しております!!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る

来店予約