株式会社e.cubed cafe2LDK > 株式会社e.cubedのスタッフブログ記事一覧 > ファミリー世帯が賃貸物件に住む場合はどんな間取りがおすすめ?

ファミリー世帯が賃貸物件に住む場合はどんな間取りがおすすめ?

≪ 前へ|賃貸物件のゴミ置き場のタイプ別に見た!ゴミ出し時のマナーも知っておこう   記事一覧   賃貸物件の契約時に求められる緊急連絡先とは?どんな場合に連絡が来るの?|次へ ≫
カテゴリ:賃貸

ファミリー世帯が賃貸物件に住む場合はどんな間取りがおすすめ?

ファミリー世帯が賃貸物件探しをする際に「どんな間取りを選べばちょうどいいのか」は、迷いどころですよね。
今回は、そんな疑問を解決するためのポイントを見ていきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

3人ファミリーの世帯におすすめの賃貸物件の間取りとは?

ではまず、3人ファミリーの世帯におすすめの賃貸物件の間取りを見ていきましょう。
3人ファミリーに特におすすめの間取りは、2LDK~3LDKです。
子どもが小さいうちなら1LDKでもLDKにある程度の広さがあれば暮らせますが、子ども部屋を検討しようにも部屋数がないので、いずれ引っ越さなければならなくなる可能性が非常に高く、あまりおすすめはできません。
さて、2LDKか3LDKか、どちらを選ぶべきかという判断基準ですが、これは今後の家族計画やライフスタイルによっておすすめの間取りが異なります。
たとえば子どもの人数は1人、と決めているのであれば2LDKがちょうどいいですし、子どもがもう1人増える可能性がある、子どもは1人の予定だが余裕のある生活スペースがほしい、という場合は3LDKを選ぶほうがいい、という感じですね。
3人暮らしの段階で4LDK以上の間取りを選ぶと、さすがに部屋を持て余しがちになりますし、広くなればなるだけ家賃も高くついてしまうので「持て余した部屋の分の家賃が無駄になる」という点を考えると、4LDK以上の間取りもあまりおすすめできません。

4人ファミリーの世帯におすすめの賃貸物件の間取りとは?

では次に、4人ファミリーの世帯におすすめの賃貸物件の間取りを紹介しましょう。
4人ファミリーに特におすすめの間取りは、3LDK~4LDKです。
1LDKでは4人ファミリーには部屋数が足りず、2LDKも子どもが小さいうちはリビングを子どもの遊び場&学習スペースとして利用することが可能ですが、子どもの成長とともにこの間取りでは厳しくなります。
それに比べて3LDKなら、LDK以外の広めの一室を夫婦の寝室とし、残り2つの部屋を子ども部屋とすれば無理なく暮らすことができます。
そしてさらに4LDKとなれば1部屋余裕ができるので、来客時や親などが来てくれたときにも無理なく対応できますし、部屋と収納が増える分、全体的に余裕のある生活ができるというメリットも得られますよ。
おすすめは4LDKですが、3LDKでも十分無理なく暮らせる、といったところでしょう。

4人ファミリーの世帯におすすめの賃貸物件の間取りとは?

まとめ

今回は3人ファミリー世帯と4人ファミリー世帯、それぞれにおすすめできる賃貸物件の間取りについて説明しました。
「子どもの成長に合わせてどんどん賃貸物件を住み替えていく」というスタイルなら、最初は狭い間取りでも大丈夫ですが、長く住み続ける前提なら世帯の人数に適した間取りを選びましょう。
私たちcafe2LDKは、お客様のご要望にスピーディーにお応えいたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸物件のゴミ置き場のタイプ別に見た!ゴミ出し時のマナーも知っておこう   記事一覧   賃貸物件の契約時に求められる緊急連絡先とは?どんな場合に連絡が来るの?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

戸丸克也 最新記事



戸丸克也

明るく元気は営業マンとしての最低スキル!! お客様に「こんなことまで!!」と感動して頂ける接客をモットーに日々精進しております!!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る

来店予約