株式会社e.cubed cafe2LDK > 株式会社e.cubedのスタッフブログ記事一覧 > 一人暮らしにおすすめの間取りとは?それぞれのメリット・デメリットをご紹介

一人暮らしにおすすめの間取りとは?それぞれのメリット・デメリットをご紹介

≪ 前へ|賃貸物件のカーテンの選び方!おすすめのカーテンの種類やサイズの測り方とは?   記事一覧   前橋駅周辺にある買い物に便利な「けやきウォーク前橋」とは?|次へ ≫
カテゴリ:賃貸

一人暮らしにおすすめの間取りとは?それぞれのメリット・デメリットをご紹介

賃貸での一人暮らしを検討している方は、どのような部屋を選ぶべきか迷っていると思います。
生活スタイルや荷物の分量などによっても、必要な広さは異なりますよね。
そこで、この記事では一人暮らしにおすすめの間取りを解説していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

一人暮らしにおすすめの間取り①1R・1K

一人暮らしの人が選ぶスタンダードな間取りは、1R・1Kです。
両者の一般的なスタイルは、6~7帖程の居室とキッチン、バストイレが設置されているタイプです。
なお、両者の違いは居室とキッチンの間の仕切りです。
扉タイプの仕切りがないものは1Rで、仕切りがあるものは1Kに分類されます。
1Rは家賃が安いメリットがあるものの、その分居室が狭いことがデメリットです。
そのため、荷物が少なくて家賃を抑えたい人に向いています。
一方、1Kは居室とキッチンの仕切りが設けられているため、料理の臭いが部屋に入ることを防ぎます。
居室としての清潔さを保てるメリットがあるものの、1Rに比べると若干家賃が高いデメリットが出てきます。
1Kが向いているのは、居室とキッチンとの区切りを明確にしたい人です。
このように、1R・1Kは間取りが似ているため、コンパクトな生活を求めている人や、家賃を安く抑えたい人にはどちらのタイプもおすすめです。
初めて一人暮らしをする学生には、特に向いている間取りと言えますよ。

一人暮らしにおすすめの間取り②1DK・1LDK

広い部屋での一人暮らしを考えている人には、1DK・1LDKの間取りがおすすめです。
まず、1DKは1Kよりもキッチンが広く、居室との間には仕切りが設けられています。
キッチンは約4.5~8帖の広さで、収納も設けられている物件もあるため、料理を楽しみたい人に向いている造りです。
しかし、1Rや1Kに比べると家賃相場は上がります。
一方、1LDKは広いキッチンと居室があり、その間に仕切りが設けられている点は1Kと変わりません。
両者の違いは、キッチンの広さです。
1LDKは、8帖以上のキッチンが設けられているため、くつろげるリビングとしても活用できます。
友人を招いてのパーティーや、将来恋人との同棲を考えている人にはおすすめの間取りです。
しかし、部屋が広いため家賃相場は1DKより上がりますし、部屋の掃除に時間がかかることもデメリットです。
1DK・1LDKは、居心地の良い空間を実現できるため、特にインドア派の人におすすめです。

一人暮らしにおすすめの間取り②1DK・1LDK

まとめ

一人暮らしにおすすめの間取りについて、1R・1Kと1DK・1LDKの違いはわかりましたか。
どのタイプの間取りも、メリットとデメリットがあるため、あなたの生活環境を踏まえて最適な部屋を選びましょう。
私たちcafe2LDKは、お客様のご要望にスピーディーにお応えいたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸物件のカーテンの選び方!おすすめのカーテンの種類やサイズの測り方とは?   記事一覧   前橋駅周辺にある買い物に便利な「けやきウォーク前橋」とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

戸丸克也 最新記事



戸丸克也

明るく元気は営業マンとしての最低スキル!! お客様に「こんなことまで!!」と感動して頂ける接客をモットーに日々精進しております!!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る

来店予約