株式会社e.cubed cafe2LDK > 株式会社e.cubedのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件のカーテンの選び方!おすすめのカーテンの種類やサイズの測り方とは?

賃貸物件のカーテンの選び方!おすすめのカーテンの種類やサイズの測り方とは?

≪ 前へ|賃貸物件にエアコンを設置するには許可が必要!費用は誰が支払う?   記事一覧   一人暮らしにおすすめの間取りとは?それぞれのメリット・デメリットをご紹介|次へ ≫
カテゴリ:賃貸

賃貸物件のカーテンの選び方!おすすめのカーテンの種類やサイズの測り方とは?

賃貸物件に引っ越しをしてきたその日から意外とないと困るのが、カーテンです。
カーテンにはいろいろな種類があるので、どのようなタイプが自分にぴったりなのか特徴を知っておくのがおすすめです。
こちらの記事では、賃貸物件のカーテン選びに役立つ、カーテンの種類やサイズの測り方についてご紹介していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件でも必須のカーテンの選び方!おすすめの種類は?

カーテンの役割は、大きく3つです。


①部屋のインテリア

②光を遮ること

③防犯のため


カーテンによっては、防音や防火の効果が期待できる種類も登場しています。
防音効果が期待できるカーテンは、生活音などが気になる方にピッタリでしょう。
家具や家電と比べて注目されにくいカーテンですが、快適なお部屋づくりには欠かせないアイテムです。
防犯という面でも外からの視線を遮ることができ、家の中が丸見えになるのを防いでくれます。
ひとくちにカーテンといっても、その種類は豊富です。
一般的に賃貸物件に取り付けやすいカーテンとしては、「ドレープカーテン」が挙げられるでしょう。
左右に開閉するタイプのカーテンで、カーテンの種類としては最もメジャーなものだといえます。
デザインやサイズの種類も豊富で、多くの方に選ばれています。
またドレープカーテンよりも、すっきりした印象に仕上がるのが「ロールカーテン」です。
賃貸物件の壁に釘やネジを使うのを禁止されているところもあるため、壁などに穴を開けなくてもいいタイプのロールカーテンを選ぶ必要があります。

賃貸物件のカーテンは選び方だけでなくサイズの測り方も重要!

カーテンのサイズは、購入する前に測っておくのが失敗しないポイントです。
ドレープカーテンを選ぶときは、窓枠より少し大きめのものを選ぶと丁度いいでしょう。
大きすぎてもいけませんが、窓の大きさぴったりだと日差しが漏れてしまうことになります。
横幅は、カーテンレールの幅に1.1を掛けた長さがおすすめです。
丈は、窓の大きさに15cmプラスした長さを選びます。
既製品のカーテンは、幅100cm×丈135cm・幅100cm×丈178cm・幅100cm×丈200cmの3サイズが一般的です。
賃貸物件の窓は、既製品のカーテンが使えるものが多いといわれていますので、まずは値段も手ごろな既製品のカーテンをチェックしましょう。
また、あまり丈が長すぎると床のホコリがカーテンにまとわりついて掃除が大変です。
見た目もよくないため、既製品のカーテンにピッタリのサイズがない場合は、オーダーメイドのカーテンも候補に入れましょう。

賃貸物件のカーテンは選び方だけでなくサイズの測り方も重要!

まとめ

賃貸物件でのカーテンの選び方について、種類やサイズの測り方をご紹介しました。
カーテンは、部屋の雰囲気をがらりと変えるポイントでもあります。
素敵な部屋になるようにカーテン選びを楽しんでみてくださいね。
私たちcafe2LDKは、お客様のご要望にスピーディーにお応えいたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸物件にエアコンを設置するには許可が必要!費用は誰が支払う?   記事一覧   一人暮らしにおすすめの間取りとは?それぞれのメリット・デメリットをご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

戸丸克也 最新記事



戸丸克也

明るく元気は営業マンとしての最低スキル!! お客様に「こんなことまで!!」と感動して頂ける接客をモットーに日々精進しております!!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る

来店予約