株式会社e.cubed cafe2LDK > 株式会社e.cubedのスタッフブログ記事一覧 > アパートとマンションの違いと特徴!メリットデメリットとは?

アパートとマンションの違いと特徴!メリットデメリットとは?

≪ 前へ|賃貸物件に住むなら何階を借りるべきなのか   記事一覧   賃貸物件の鍵を紛失してしまった時の対処法をご紹介!|次へ ≫
カテゴリ:賃貸

アパートとマンションの違いと特徴!メリットデメリットとは?

アパートもマンションも集合住宅ですが、違いはどこにあるのでしょう。
漠然と、大きくて頑丈なのがマンション、小さくて木造などの建物がアパート、といった印象を持っている人も少なくありません。
意外と明確な違いを知っている人は少ないものです。
そこで、ここでは物件を借りる前に知っておきたい、マンションとアパートの違い、そしてそれぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

マンションと違う!アパートの特徴とメリット・デメリット

アパートはマンションよりも世帯数が少なく、アットホームな雰囲気が特徴です。
メリットは、マンションと比べると家賃や駐車場代が安い点、通気性があるので部屋の中がジメジメしにくい点です。
デメリットは、マンションと比べて隣り近所の音が伝わりやすいことです。
これは、遮音性の低さからきています。
また、セキュリティー面でのデメリットは、防犯カメラの設置がない点、施錠方式がマンションのようなオートロックになっていない点が挙げられます。
アパートと呼ばれる物件は不動産会社独自の基準です。
建物の構造や階層、使用している建築材料などで会社が判断しています。
そのため、物件の種類がアパートであっても、ご自分のイメージに合ったタイプのお部屋とは限りません。
そこで物件の種類だけでなく、実際の物件を見学したり、不動産会社に確認することが大切です。

アパートとの違いを踏まえたマンションの特徴やメリット・デメリットとは?

明確なルールのないマンションとアパートの違いですが、一般的なイメージとして物件の構造が鉄骨、重量鉄骨、鉄筋や鉄骨コンクリートの建物がマンションとされています。
マンションのメリットは、耐震性、耐火性に優れていて、遮音性が高く、上下左右の部屋に音漏れがしにくいことです。
また、アパートと違って防犯カメラが設置されている点、多くの場合、施錠方式がオートロックになっている点がメリットとして挙げられます。
その他、高層階ならベランダから他者が進入する可能性が低く、防犯性が高い点もメリットです。
それに対し、デメリットは建築コストがかかることで、家賃や駐車場料金が同条件のアパートより高くなる点です。
また、エレベーターがついていたり、管理人がいるケースが多いため、管理費が高めになることも知っておいてください。
不動産会社によっては、木造の建物であってもマンションにしている場合もあるので、隣りの部屋のテレビの音や生活音が筒抜けというケースもあります。
このあたりは要注意です。

アパートの特徴やメリットデメリットとマンションとの違い

まとめ

マンションとアパートには明確なルールはなく、不動産会社がそれぞれに独自の判断で決めています。
そのため、実際に物件を探すときには、アパートとマンションの違いを比べるよりも、自分のこだわり条件を洗い出してベストマッチする物件を探すことが、良いお住まいに出会える秘訣といえるでしょう。
私たちcafe2LDKは、お客様のご要望にスピーディーにお応えいたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸物件に住むなら何階を借りるべきなのか   記事一覧   賃貸物件の鍵を紛失してしまった時の対処法をご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

戸丸克也 最新記事



戸丸克也

明るく元気は営業マンとしての最低スキル!! お客様に「こんなことまで!!」と感動して頂ける接客をモットーに日々精進しております!!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る

来店予約