株式会社e.cubed cafe2LDK > 株式会社e.cubedのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件に住むなら何階を借りるべきなのか

賃貸物件に住むなら何階を借りるべきなのか

≪ 前へ|富岡市のふるさと納税の寄付金はどんな取り組みに使われている?返礼品にも注目!   記事一覧   アパートとマンションの違いと特徴!メリットデメリットとは?|次へ ≫
カテゴリ:賃貸

賃貸物件に住むなら何階を借りるべきなのか

賃貸物件の部屋探しにおいて、階数は重要なポイントです。
同じ物件内でも何階に住むかによって環境は変わるので、自分に合った階数の部屋を選ばなければ後悔する可能性もあります。
この記事では、賃貸物件の何階が自分に合っているのか選ぶポイントをご紹介します。
階数によってのメリットとデメリットにも触れるので、ぜひ参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件に住むなら何階を借りるべきなのか~1階のメリットとデメリット~

1階を借りるメリットは、まず下の階に住民がいないので足音などを気にせず気楽に生活できる点です。
騒音は隣人トラブルの原因となりやすいですが、1階に住むことでその不安が軽減されます。
建物の入り口から部屋までの距離が近いのも、大きなメリットです。
普段の移動はもちろん、買い物などで重い荷物を運ばなければならないときでも階段やエレベーターを利用する必要がなく、すぐに部屋へ入れます。
デメリットとしては日当たりが悪い傾向があることと、虫が侵入しやすいことです。
1階は構造上日陰になりやすく、外に植え込みなどがあると土壌の水分が影響して虫が発生しやすいのです。
洗濯物を干す際には、注意が必要です。
また、ベランダが道路に面していることが多く、容易に侵入できるため、防犯性の低さがデメリットです。
このような点で不安を感じる女性も多いでしょう。

賃貸物件に住むなら何階を借りるべきなのか~2階以上のメリットとデメリット~

2階以上の部屋を借りるメリットは、1階よりも防犯性が高い点です。
必ずしも安全とは言い切れませんが、1階と比較すると空き巣などがベランダから侵入してくるリスクは低いでしょう。
また、2階以上の部屋は日当たりがよいケースが多いです。
換気しやすく、洗濯物が乾きにくいといった心配もありません。
2階以上の部屋に住むデメリットは、騒音トラブルに気をつけなければならない点です。
足音や生活音に気を遣わなければ、下の階に響く可能性があります。
カーペットを敷いたり、家具の脚にカバーをつけたりといった騒音対策が必要です。
2階以上の部屋は家賃が高くなる傾向がある点もデメリットと言えるでしょう。
2階以上は人気なので、同じ物件内の同じ間取りの部屋でも1階より家賃が高くなるケースが少なくありません。
そして大きな荷物を運ぶ際には階数が高いほど大変になります。
移動の際には1階よりも不便に感じることもあるでしょう。

賃貸物件に住むなら何階を借りるべきなのか~2階以上のメリットとデメリット~

まとめ

賃貸物件に住む場合、何階が自分に合っているのか判断するポイントとして、1階と2階以上の部屋のメリットとデメリットをご紹介しました。
それぞれのメリットとデメリットを踏まえて、自分の生活スタイルに合った部屋を選びましょう。
私たちcafe2LDKは、お客様のご要望にスピーディーにお応えいたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|富岡市のふるさと納税の寄付金はどんな取り組みに使われている?返礼品にも注目!   記事一覧   アパートとマンションの違いと特徴!メリットデメリットとは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

戸丸克也 最新記事



戸丸克也

明るく元気は営業マンとしての最低スキル!! お客様に「こんなことまで!!」と感動して頂ける接客をモットーに日々精進しております!!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る

来店予約