株式会社e.cubed cafe2LDK > 株式会社e.cubedのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸契約時の「火災保険」はどうして必要?補償範囲とは?

賃貸契約時の「火災保険」はどうして必要?補償範囲とは?

≪ 前へ|いいことばかりとは限らない!賃貸物件でのルームシェアの実態とは?   記事一覧   伊勢崎市でおいしい野菜を買おう!おすすめの農産物直売所2選|次へ ≫
カテゴリ:賃貸

賃貸契約時の「火災保険」はどうして必要?補償範囲とは?

賃貸住宅を契約する際に、加入する「火災保険」。
しかし、求められるまま火災保険に加入し、どうして必要なのか、どんな内容なのか、実はあまり把握できていないという場合もあるかもしれません。
この記事では、賃貸契約の際に、火災保険に入る理由や、保険の内容について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸住宅の契約時に「火災保険」に加入する理由

賃貸住宅の契約時に、「火災保険」に加入する理由から見ていきましょう。
まず知っておきたい背景として、日本には「失火責任法」という法律があります。
これは、失火者に対して、重大な過失がない場合、損害賠償の請求ができないというものです。
重大な過失とは、たとえば、たばこの火が消えたことをよく確認せず、ゴミ袋に入れてしまい火事になった場合や、調理の際、加熱中の天ぷら油から離れて火が出てしまった場合などをさします。
しかし、賃貸住宅の隣の部屋や近隣からの"もらい火"による火災にあっても、重大な過失に該当しない場合、失火者に家財の弁償を求めることができません。
そのため、賃貸住宅の大家さんは、建物に対して保険に入り、リスクに備えます。
一方、部屋を契約する貸主は、家財に関して保険に入ります。
これには、自分が火元となった場合に備える意味もあります。
仮に、重大な過失がない場合でも、借主には原状回復の義務があります。
もしも、建物に損害を出したり、焼失させてしまったりした場合、原状回復ができなければ、結果的に損害賠償責任が生じるのです。
つまり、加入する理由とは、ほかからの"もらい火"と、万が一、自らが火元になった場合の両方に対する備えといえます。

幅広い補償も可能!?賃貸契約時の「火災保険」の内容とは?

賃貸契約する借主の加入する火災保険は、自分の所有する家具家電に対する「家財保険」とあわせて、借りた部屋の原状回復する費用を補償する特約「借家人賠償責任保険」、近隣に失火で損害を出した場合などに備える特約「個人賠償責任保険」をセットにするのが一般的です。
「火災保険」は、名前からも、火災に対する備えとイメージできますが、オプションの内容によって火災以外にも幅広い損害に備えることも可能です。
たとえば、水漏れ、落雷、爆発、破裂、風災、雪災、雹災など。
さらには、盗難や事故による汚損や破壊、破損のほか、複数の者の集団行動により被害を受ける「騒じょう」も対象となります。

幅広い補償も可能!?賃貸契約時の「火災保険」の内容とは?

まとめ

火災保険は、幅広くカバーできる保険ですが、補償を広げることで保険料も上がります。
自分に適した補償範囲で検討するようにしましょう。
また、地震による火災については地震保険への加入が必要です。
私たちcafe2LDKは、お客様のご要望にスピーディーにお応えいたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|いいことばかりとは限らない!賃貸物件でのルームシェアの実態とは?   記事一覧   伊勢崎市でおいしい野菜を買おう!おすすめの農産物直売所2選|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

戸丸克也 最新記事



戸丸克也

明るく元気は営業マンとしての最低スキル!! お客様に「こんなことまで!!」と感動して頂ける接客をモットーに日々精進しております!!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る

来店予約