株式会社e.cubed cafe2LDK > 株式会社e.cubedのスタッフブログ記事一覧 > 料金や供給方法も違う!都市ガスとプロパンガスそれぞれの特徴は?

料金や供給方法も違う!都市ガスとプロパンガスそれぞれの特徴は?

≪ 前へ|賃貸物件で人気の設備!「ウォークインクローゼット」のメリットや活用術とは?   記事一覧   いいことばかりとは限らない!賃貸物件でのルームシェアの実態とは?|次へ ≫
カテゴリ:賃貸

料金や供給方法も違う!都市ガスとプロパンガスそれぞれの特徴は?

賃貸物件を探していると、ガスの種類について、「都市ガス」と「プロパンガス」のどちらかが記載されているのを見たことがあるのではないでしょうか。
都市ガスとプロパンガスには、さまざまな違いがあります。
ガスの種類はもちろん、料金体系やガス供給方法にも違いがありますので、入居を決める前によく比較しておきましょう。
都市ガスとプロパンガスの違いを知れば、より賢くガスの選択ができます。

弊社へのお問い合わせはこちら

ガスの種類だけじゃない?都市ガスとプロパンガスの違いとは?

都市ガスとプロパンガスの最も大きな違いは、ガスの供給方法です。
都市ガスは販売会社が地下にガス導管を配備し、各家庭に直接ガスを送ります。
プロパンガスは、液状化したガスを入れた容器を契約者の家庭に配送してガスを届けています。
都市ガスはガス導管を整える設備投資が必要で、人口が多い地域で導入されています。
対してプロパンガスは、都市ガスが届かない地域で導入されています。
都市ガスとプロパンガスは、料金体系にも違いがあります。
都市ガスは販売会社が変わっても料金はあまり変化しません。
しかし、プロパンガスは販売会社ごとに料金が大きく変化します。
都市ガスは2017年まで規制料金制が導入されていた影響から、現在でも料金に差が生まれにくいのです。
プロパンガスはもともと自由料金制で販売されていたため、販売会社によって料金の差が生まれやすい特徴があります。

特徴で比較!都市ガスとプロパンガスのメリット・デメリットとは?

都市ガスは料金が安く、プロパンガスの半分~3分の2程度の料金で利用できます。
家庭で使うコンロの火力はプロパン・都市ガスに違いはありませんので、都市ガスの方が経済的に利用できるといえます。
また、都市ガスは地下にガス管があることから、ガス設備の場所を取らない点もメリットです。
しかし、地下にあるガス管は災害や事故で破損した時の復旧に時間がかかるデメリットもあります。
都市ガスは事前に配管設備が必要ですので、地域によっては契約できない場合もあります。
一方プロパンガスは事前の設備が少なくて済みますので、幅広い地域で契約できます。
災害時の復旧も都市ガスより早く、地震が多い地域ではプロパンガスの方が向いています。
ただし、プロパンガスは契約者の家庭にガスを届ける人件費がかかるため、料金が高めになります。
また、プロパンガスは料金公開が義務でなく、他社との料金比較がしにくいのもデメリットです。

特徴で比較!都市ガスとプロパンガスのメリット・デメリットとは?

まとめ

都市ガスとプロパンガスの違いを理解しておけば、どちらがより適しているのか判断しやすくなります。
プロパンガスしか選べない地域であっても、ガス会社に料金を問い合わせれば見積もりをもらえます。
物件探しの際にはぜひガスの記載についても注目してみてくださいね。
私たちcafe2LDKは、お客様のご要望にスピーディーにお応えいたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸物件で人気の設備!「ウォークインクローゼット」のメリットや活用術とは?   記事一覧   いいことばかりとは限らない!賃貸物件でのルームシェアの実態とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

戸丸克也 最新記事



戸丸克也

明るく元気は営業マンとしての最低スキル!! お客様に「こんなことまで!!」と感動して頂ける接客をモットーに日々精進しております!!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る

来店予約