株式会社e.cubed cafe2LDK > 株式会社e.cubedのスタッフブログ記事一覧 > いいことばかりとは限らない!賃貸物件でのルームシェアの実態とは?

いいことばかりとは限らない!賃貸物件でのルームシェアの実態とは?

≪ 前へ|料金や供給方法も違う!都市ガスとプロパンガスそれぞれの特徴は?   記事一覧   賃貸契約時の「火災保険」はどうして必要?補償範囲とは?|次へ ≫
カテゴリ:賃貸

いいことばかりとは限らない!賃貸物件でのルームシェアの実態とは?

ルームシェアにはたくさんのメリットがあり、借りる部屋の選択肢を広げられます。
しかし、誰かと共同生活をするからこその注意点もあるため、事前の心構えが大切です。
この記事では、賃貸物件でルームシェアをするメリット・デメリットや注意点について紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件でルームシェアをおこなうメリットとは?

ルームシェアで最大のメリットは、1人当たりの生活費や家事の負担を減らせる点です。
同居人と家賃の支払いを分担できれば、広い部屋に住むことも可能です。
セキュリティが整った部屋に住みたいときも、ルームシェアをすれば家賃も負担になりません。
家賃以外に必要な光熱費も、同居人と分担して1人の支払いを軽くできます。
同居人と共有する家具や家電を揃えるときも、費用を分担すれば引っ越しの出費を抑えられます。
ルームシェアでは経済面だけでなく、家事が分担できるところもメリットです。
1人暮らしで仕事が忙しいと家事がおろそかになってしまい、家の中が汚くなってしまうこともあるでしょう。
しかし、同居人と家事を分担すれば清潔な状態を保てます。
日常生活に関連した負担を軽減したいときは、ルームシェアを検討してみましょう。

デメリットも!賃貸物件でのルームシェアの注意点とは?

賃貸物件でルームシェアをおこなうときの注意点は、生活に関わる出費と家事の分担を明確にすることです。
中でも家賃・光熱費・食費に関しては、毎月必ず発生する費用ですので細かな分担を決めなくてはなりません。
お互いに外食中心なら食費を共有する機会は少ないですが、自宅で食事をする機会が多いなら分担を決めておきましょう。
分担は金銭面だけでなく、家事負担でも細かく決めておくことが大切です。
誰がどの家事をやるのかを決めるのはもちろん、どの曜日にやるのかも合わせて話し合いましょう。
ルームシェアでは、同居人との共有物やスペースに関してもルールを決めておきます。
共有物やスペースはルームシェアでトラブルになりやすい部分ですので、お互いが納得できるルール作りが大切なのです。
自分の生活スタイルと同居人の生活スタイルの違いを比べながら、どちらかに負担が偏らないように分担しましょう。

デメリットも!賃貸物件でのルームシェアの注意点とは?

まとめ

ルームシェアは気の合う人と暮らしたり金銭面の負担が減らせたりと魅力的な面もありますが、誰か1人に負担が偏ってしまったりルールを守らない人がいるとトラブルの原因となってしまいます。
同じ部屋に暮らす人全員が快適に過ごせるように、金銭面や家事の負担が平等になっているかを定期的に見直してみましょう。
私たちcafe2LDKは、お客様のご要望にスピーディーにお応えいたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|料金や供給方法も違う!都市ガスとプロパンガスそれぞれの特徴は?   記事一覧   賃貸契約時の「火災保険」はどうして必要?補償範囲とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

戸丸克也 最新記事



戸丸克也

明るく元気は営業マンとしての最低スキル!! お客様に「こんなことまで!!」と感動して頂ける接客をモットーに日々精進しております!!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る

来店予約