株式会社e.cubed cafe2LDK > 株式会社e.cubedのスタッフブログ記事一覧 > 狭い賃貸暮らしでも快適なソファ生活を!工夫すべきポイントとは?

狭い賃貸暮らしでも快適なソファ生活を!工夫すべきポイントとは?

≪ 前へ|賃貸物件を探しているなら知っておきたい!よく聞く敷金と礼金とは?   記事一覧   オートロック付き賃貸物件をお探しの方へ!メリットと注意点を解説|次へ ≫
カテゴリ:賃貸

狭い賃貸暮らしでも快適なソファ生活を!工夫すべきポイントとは?

家事を済ませた後にほっと一息着いたり、ちょっと横になって映画を観たり、ソファは快適なお家時間のよきお供として活躍してくれます。
ただ、場所をとってしまうこともあり、狭い賃貸暮らしではソファを置くかどうか悩むところです。
今回は、部屋にソファを置くメリットと、狭い部屋にソファを置くための工夫ポイントについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

狭い賃貸物件にソファを置くメリットとは?

特に家で過ごす時間が増えた昨今、いかにお家時間を快適に過ごせるかは、これまで以上に大事なテーマとなりました。
このような情勢において、心身ともにリラックスできることは、ソファを部屋に置く最大のメリットといえるでしょう。
たとえばソファに座って読書したり、お茶を飲みながらくつろいだりする時間は、日ごろのストレスから解放され心休まるひと時です。
また、地べたに長時間座りっぱなしでいると足のしびれや体の痛みが生じることもありますが、ソファであれば背もたれやひじ掛けがあるため、身体への負担も少なく心地よい状態を保てます。

狭い賃貸物件にソファを置くための工夫ポイントとは?

「ソファを置きたいけれど、ワンルームでスペースがなくて悩んでいる」という方は少なくないでしょう。
そこで、狭い部屋にソファを置いても窮屈に感じさせない、3つのポイントをご紹介します。
まず1つ目のポイントは、ソファを置く位置です。
ベッドの背もたれとソファの背もたれを同じ壁側に寄せて置くと、狭い部屋の空間を有効に使えます。
また、窓側にきっちり寄せたベッドと平行にソファを置き、その間にミニテーブルを置く配置もおすすめです。
2つ目はソファのサイズ感です。
狭い部屋に置くことを考えて、幅、高さ、奥行きがなるべくコンパクトなものを選ぶとよいでしょう。
ベッドと同じ壁面に寄せて置く場合は、購入後に部屋に入りきらなかったとならないよう、事前にしっかり採寸してください。
最後のポイントは、ソファのデザインです。
毎日生活する部屋ですから、素材やカラー、脚のデザインなど、自分好みのデザインであることはもちろん大切です。
加えてもう1点、客観的に見てすっきりしたデザインのものを意識して選ぶと、部屋の圧迫感が抑えられます。

狭い賃貸にソファを置くための工夫ポイント

まとめ

家具家電の配置の見直しや、自分の部屋に合うソファ選びなど工夫さえすれば、狭い賃貸でも快適な生活が手に入ります。
今まで諦めていた方もこの機会にもう1度、ソファがある暮らしの実現に向けて動き出してみてはいかがでしょうか。
私たちcafe2LDKは、お客様のご要望にスピーディーにお応えいたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸物件を探しているなら知っておきたい!よく聞く敷金と礼金とは?   記事一覧   オートロック付き賃貸物件をお探しの方へ!メリットと注意点を解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

戸丸克也 最新記事



戸丸克也

明るく元気は営業マンとしての最低スキル!! お客様に「こんなことまで!!」と感動して頂ける接客をモットーに日々精進しております!!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る

来店予約