株式会社e.cubed cafe2LDK > 株式会社e.cubedのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件を探しているなら知っておきたい!よく聞く敷金と礼金とは?

賃貸物件を探しているなら知っておきたい!よく聞く敷金と礼金とは?

≪ 前へ|賃貸物件探しに最適なタイミングは?引っ越しまでのスケジュール管理も解説!   記事一覧   狭い賃貸暮らしでも快適なソファ生活を!工夫すべきポイントとは?|次へ ≫
カテゴリ:賃貸

賃貸物件を探しているなら知っておきたい!よく聞く敷金と礼金とは?

賃貸物件を探していると、初期費用として敷金や礼金が必要なケースが多いです。
何気なく支払っている人もいるかもしれませんが、そもそも敷金や礼金とは何かご存じですか?
今回は、敷金や礼金とは何か詳しく解説していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件を契約する前に確認!敷金や礼金とは?

敷金

敷金とは、賃貸物件を契約するときに貸主に支払う担保のようなものです。
敷金はあくまでも貸主に預けているものなので、退去時に返却されます。
中には敷引き○か月、敷金から原状回復費用を控除するなど契約の内容に含まれているケースもあります。
そのため、敷金が全額返還されるかどうか、事前に契約内容を確認しておくといいでしょう。
敷金は一般的に家賃の1か月~2か月分に設定されていることが多いです。

礼金

礼金とは、借主が貸主に支払うお礼にあたります。
敷金とは違い、礼金は退去時に返還されることはありません。
家主に住むところを提供してもらったお礼、上京する子どもをお願いする、などの昔からの習慣として根付いています。
礼金は家賃の1か月~2か月分が相場です。
関西では礼金の代わりに保証金が設定されているケースも多かったのですが、最近はそのような地域差はあまり見られなくなってきています。
早く次の入居者を見つけるために、礼金0円としていることもあります。

敷金・礼金0円の賃貸物件もある?その特徴や注意点を紹介

敷金や礼金が高いと初期費用がかさんでしまうため、なるべく敷金・礼金が0円の賃貸物件を探したいという人もいるでしょう。
敷金・礼金0円の賃貸物件とは、その名前の通り初期費用として必要な敷金と礼金を支払わずに契約できる賃貸物件のことです。
初期費用が大きく抑えられますが、注意点もあるため契約は慎重にならなければいけません。
敷金・礼金0円の賃貸物件は、原状回復工事が最低限しか行われていない、設備が古いまま、日当たりが悪いなど、何らかの理由から0円で募集をかけているケースがあります。
0円というからには何か理由があるはずなので、初期費用を抑えられるからと焦って契約せずに、内見で0円の理由を確認しておくといいでしょう。
また、敷金と礼金が0円でも退去時には別途室内清掃費用が請求されることもあります。
室内清掃費用は部屋の広さに応じて35,000円~80,000円ほど請求されるため、敷金を預けるのと変わらない金額を支払うことになります。

敷金・礼金0円の賃貸物件もある?その特徴や注意点を紹介

まとめ

賃貸物件を契約するときには、担保として預ける敷金とお礼として支払う礼金の初期費用が必要になることが多いです。
礼金の返還はありませんが、敷金は返還されるため契約内容をよく確認しておきましょう。
また、敷金・礼金0円の賃貸物件は初期費用が抑えられるため魅力的ですが、気を付けたいポイントもあるため注意が必要です。
私たちcafe2LDKは、お客様のご要望にスピーディーにお応えいたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸物件探しに最適なタイミングは?引っ越しまでのスケジュール管理も解説!   記事一覧   狭い賃貸暮らしでも快適なソファ生活を!工夫すべきポイントとは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約