株式会社e.cubed cafe2LDK > 株式会社e.cubed cafe2LDKのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件の部屋はどの位置が良い?角部屋と中部屋の違いを比較

賃貸物件の部屋はどの位置が良い?角部屋と中部屋の違いを比較

≪ 前へ|賃貸物件に住むなら駅近がベスト?メリット・デメリットから比較   記事一覧   賃貸物件を探すならインターネット環境も確認しておこう!設備のメリット・デメリットとは|次へ ≫

賃貸物件の部屋はどの位置が良い?角部屋と中部屋の違いを比較

賃貸物件の部屋は、角部屋と中部屋で特徴が異なります。
角部屋と中部屋はそれぞれにメリット・デメリットがありますので、どちらの部屋が自分に適しているかを比較してください。
それでは、角部屋の特徴から見ていきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件で日当たりが良い位置の部屋を探すなら角部屋がおすすめ

角部屋は室外に面する面が広く、他の部屋よりも窓が多いです。
角部屋は窓が多い分日光を取り入れられるので、日当たりがいい部屋に住みたい人に向いています。
通気性も良く、部屋の空気を清潔に保ちたい人にも暮らしやすいです。
窓から外を眺めることができれば、室内にいても閉塞感を感じにくいので、在宅時間が多い人にもおすすめですね。
中部屋と比較すると人の往来が少なく、プライバシーが確保しやすい点も角部屋のメリットです。
一方角部屋は部屋数が少なく、希少価値が高いことから家賃が高くなる傾向があります。
また、日当たりが良い分、部屋の外と中の温度差も大きくなり結露が起きやすいです。
角部屋は窓が多く、壁面が少ないので家具の配置が限られます。

インテリアに自由度を求める人は、中部屋の方がおすすめともいえます。

賃貸物件で外の音が響かない位置の部屋を探すなら中部屋がおすすめ

中部屋は窓の位置が少なく、外の音が入りにくい構造です。
中部屋は車両の音や人の声をシャットアウトしたい、静かに過ごせる空間を確保したい人に向いている部屋です。
角部屋よりも窓が少ない中部屋は、室内外の温度差も抑えられます。
その分角部屋よりも冷暖房費がかからず、光熱費も節約できる点が中部屋のメリットです。
中部屋は角部屋よりも床面積が狭く、家賃も安く済ませられます。
したがって生活費を節約したい人は、角部屋よりも中部屋の方がおすすめです。
中部屋のデメリットは人の往来が多く、角部屋と比較するとプライバシーが確保しにくい傾向があります。
両隣に部屋があるため、双方に振動や音への配慮が必要になるでしょう。
また、中部屋は光が入る場所が限られていて、角部屋よりも日当たりは少ないです。
間取りによっては通気用の小窓が付いている中部屋もありますので、日当たりを確保したいときは他の窓がないかを確認しましょう。

賃貸で外の音が響かない位置の部屋を探すなら中部屋がおすすめ

まとめ

角部屋と中部屋のどちらが自分に適しているかは、生活スタイルによって異なってくるでしょう。
家にいる時間が長く部屋にゆとりが欲しいなら角部屋、家を空けている時間が長く家賃を節約したいなら中部屋がおすすめです。
角部屋は数が少ないので、早い段階から物件探しを始めておくといいかもしれませんね。
私たちcafe2LDKは、お客様のご要望にスピーディーにお応えいたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸物件に住むなら駅近がベスト?メリット・デメリットから比較   記事一覧   賃貸物件を探すならインターネット環境も確認しておこう!設備のメリット・デメリットとは|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約