株式会社e.cubed cafe2LDK > 株式会社e.cubedのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件の部屋は東西南北どの方角が人気?それぞれの部屋の特徴とは

賃貸物件の部屋は東西南北どの方角が人気?それぞれの部屋の特徴とは

≪ 前へ|安中市のふるさと納税の取り組みとは?返礼品や寄附金の使い道を紹介   記事一覧   賃貸物件に住むなら駅近がベスト?メリット・デメリットから比較|次へ ≫
カテゴリ:賃貸

賃貸物件の部屋は東西南北どの方角が人気?それぞれの部屋の特徴とは

部屋はベランダなどがある方角によって環境が異なります。
自分にとって住みやすい部屋はどの方角なのか、それぞれの特徴を知っておけば選びやすくなります。
東西南北それぞれの部屋の特徴を、東の部屋から見ていきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

東と西の方角にある部屋は決まった時間の日当たりを確保できる

東と西の方角にある部屋は、一定の時間帯の日当たりを確保したいならおすすめの部屋です。
東の部屋は朝から昼、西の部屋は昼から夕方にかけての日当たりが良いので、生活リズムに合わせて適している方角を選びましょう。
東の部屋は朝日が差し込むので、朝方の生活を送る人に向いています。
西の部屋は午後から日差しが届くので、夜型の生活を送る人に向いています。
東と西の部屋は共に日が当たる時間が限られてしまうため、家にいる時間が長い人にとってはデメリットが大きいと感じることもあります。
東の部屋は夕方になると室内が冷えてしまい、冬場は寒いと感じる人も。
西の部屋は午前中から洗濯物を出してもなかなか乾かず、部屋の中は西日が眩しくて過ごしにくい場合もあります。
東向きと西向きで比べた場合、西向きの方が少し家賃が高い傾向があります。

賃貸物件で人気の方角は南向きの部屋!北向きはデメリットが多い?

賃貸物件で最も人気が高い方角は、南向きの部屋です。
南向きの部屋は1日を通して日当たりが良く、冬でも昼間は暖房を使わなくても暖かく過ごせる場合も。
南向きの部屋は室内に日光を多く取り込めるので、洗濯物を部屋干しするときも良く乾きます。
日当たりの良さから人気が高い南向きの部屋ですが、その分家賃が高いというデメリットがあります。
ただし、南向きの部屋のメリットを考えるとデメリットは小さく、家賃にこだわらなければ南向きの部屋がおすすめと言えます。
対する北向きの部屋は、他の部屋と比べてデメリットが目立ちます。
日当たりは他の方角よりもあまりよくないため、夏は涼しいのですが冬は寒く感じます。
しかし、北向きの部屋は他の部屋よりも家賃が安くなることが多いです。
日光が差し込みにくいことから、本やカーテンの日焼けもしにくい点も北向きの部屋ならではのメリットと言えます。

賃貸物件で人気の方角は南向きの部屋!北向きはデメリットが多い?

まとめ

住まいの環境の中で、日当たりはとても大切な要素です。
一日中しっかりと日当たりを確保したいか、ある一定の時間だけ日当たりを確保したいかで、自分に合う部屋の向きがわかります。
人気が高い南や東の部屋はすぐに借り手が見つかってしまいますので、候補の部屋をいくつか考えておくと良いでしょう。
私たちcafe2LDKは、お客様のご要望にスピーディーにお応えいたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|安中市のふるさと納税の取り組みとは?返礼品や寄附金の使い道を紹介   記事一覧   賃貸物件に住むなら駅近がベスト?メリット・デメリットから比較|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

戸丸克也 最新記事



戸丸克也

明るく元気は営業マンとしての最低スキル!! お客様に「こんなことまで!!」と感動して頂ける接客をモットーに日々精進しております!!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る

来店予約