株式会社e.cubed cafe2LDK > 株式会社e.cubed cafe2LDKのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件の防音対策とは?賃貸物件でも防音グッズで防音性を高められる

賃貸物件の防音対策とは?賃貸物件でも防音グッズで防音性を高められる

≪ 前へ|藤岡市のふるさと納税を知ろう!人気の返礼品と寄付金での取り組み   記事一覧   高崎市周辺は買い物できる施設が充実!おすすめのスーパーをご紹介|次へ ≫
カテゴリ:賃貸

賃貸物件の防音対策とは?賃貸物件でも防音グッズで防音性を高められる

賃貸物件を借りて生活するとなると、周囲の音がストレスになったり、逆に周囲への音に配慮しなければならない場合もあります。
最初から防音性の高い物件を選んで住むのも1つの方法ですが、防音グッズを使っても部屋の防音性を高められます。
この記事では、賃貸物件でできる防音対策をご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

物件選びからの対策を!防音性の高い賃貸物件の構造とは

建物の構造は、大きく分けて以下の3つがあります。

●木造住宅
●鉄骨住宅
●鉄筋コンクリート住宅


この中では、鉄筋コンクリートの建物が一番防音性が高いです。
逆に一番防音性が低いのは木造住宅です。
できるだけ音を気にせずに暮らすのであれば、鉄筋コンクリートの賃貸物件を探すのがおすすめ。
家賃は一般的に、木造住宅よりも鉄筋コンクリート住宅の方が高くなります。
また、隣接する部屋の壁側にクローゼットや押し入れのような収納スペースのある間取りの物件は、音が隣の部屋に響きにくいです。
メインの居住空間となるリビングの隣に1つ部屋があるような間取りの物件も、互いの生活音が気になりにくいでしょう。
さらに周囲からの音を最小限にしたいと思うのであれば、最上階の角部屋をおすすめします。
ただし角部屋は人気があるので、空きが発生すると埋まりやすいので早い者勝ちです。
それでも音が気になる方は、テラスハウスや戸建ての賃貸物件に住むのも一つの方法です。

賃貸物件の防音対策に使える防音グッズ

持ち家だとリフォームして部屋の防音性を高めることもできますが、賃貸物件だとリフォームするわけにはいきません。
しかし賃貸物件でも防音グッズを使って対策ができます。
手軽なのは、防音カーテンです。
部屋にあるカーテンを生地の厚い防音カーテンに変えるだけで防音性が高まります。
階下への足音などが気になりがちな床の防音性を高めるには、防音マットを敷くのがおすすめです。
壁の防音対策なら、防音パネルや吸音材を壁に設置するのが有効です。
さらに、賃貸物件だけど部屋を防音室にしたいという方は、簡易防音室を設置してみるのはいかがでしょうか。
部屋の中に組み立て式で設置できる簡易防音室なら、リフォームの必要がありません。
電話ボックスサイズの小型部屋から、3畳ぐらいの広さのものまであります。
費用は小型タイプだと10万円程度、3畳ぐらいの広さだと50万円程度で、自分で組み立てることも、業者に組み立ててもらうこともできます。

賃貸物件の防音対策に使える防音グッズ

まとめ

マンションなどの賃貸物件では騒音による問題が発生しやすいので、防音対策を行うことは非常に大切です。
物件選びの段階でできることとしては、木造住宅よりも鉄筋コンクリート造りの物件を選んだ方が防音性が高く音の問題は発生しにくいでしょう。
またリフォームができない賃貸物件でも、防音マットや防音パネルを使用することで部屋の防音性を高められます。
組み立て式の簡易防音室を設置するのも一つの手段です。
トラブルになりがちな音の問題も、事前に防音対策を取っておくことでリスクを軽減できますのでぜひ参考にしてくださいね。
私たちcafe2LDKは、お客様のご要望にスピーディーにお応えいたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|藤岡市のふるさと納税を知ろう!人気の返礼品と寄付金での取り組み   記事一覧   高崎市周辺は買い物できる施設が充実!おすすめのスーパーをご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

戸丸克也 最新記事



戸丸克也

明るく元気は営業マンとしての最低スキル!! お客様に「こんなことまで!!」と感動して頂ける接客をモットーに日々精進しております!!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る

来店予約