株式会社e.cubed cafe2LDK > 株式会社e.cubedのスタッフブログ記事一覧 > 独立洗面台付き物件のメリット・デメリットとは?ない場合の対処法もご紹介

独立洗面台付き物件のメリット・デメリットとは?ない場合の対処法もご紹介

≪ 前へ|賃貸物件の契約は同棲カップルでも大丈夫?審査が通りにくいって本当?   記事一覧   賃貸物件の築年数は何の目安に?築年数別のメリット・デメリットをご紹介|次へ ≫
カテゴリ:賃貸

独立洗面台付き物件のメリット・デメリットとは?ない場合の対処法もご紹介

独立洗面台とはユニットバスの空間やお風呂場の外に独立して設置されている洗面台のことで、身支度に便利だったり湿気を気にせずに済んだりするため人気があります。
しかし独立洗面所付きの賃貸物件は家賃が高くなる傾向があり、利便性と費用どちらをとるか悩まれる方は少なくありません。
今回は独立洗面所があることでのメリット、独立洗面所がない場合の対処法について説明します。

弊社へのお問い合わせはこちら

独立洗面台付き賃貸物件のメリットとは?

独立洗面台が設置されている賃貸物件のメリットは、湿気を気にせず済むことです。
入浴して湿気が立ち込める中で歯を磨いたり顔を洗ったりする必要がなく、常に快適な環境で使用できます。
加え二人以上で暮らす場合、または人を泊めることがある場合、誰かが入浴しているときでも濡れる心配なく洗面台を使用したりできるのも大きな利点です。
洗面台に電源コンセントがついていたり、ヘアアイロンや化粧品などさまざまなものを収納するスペースがついていたりするものが多いこともメリットとして挙げられるでしょう。
しかし独立洗面所付きの賃貸は基本的に家賃が割高で、またユニットバスのように洗面台周りを流水で丸洗いすることができません。
とはいえそれを加味しても毎日の入浴・洗顔・歯磨きに便利であるのは大きな利点です。

賃貸物件に独立洗面台がない場合の対処法とは?

独立洗面台が設置されている賃貸を選ぶことによるメリットは多いとはいえ、毎月の家賃による長期的な経済負担は避けたいという方もいらっしゃるでしょう。
しかし、洗面台がお風呂場と分かれている物件に住みたくても住めずにいる人が、ただ諦めて日常の不便を受け入れるしかないというわけではありません。
たとえば入浴後時間を置かずに歯を磨きたい場合は、お風呂用に防水スリッパを用意することや、入浴後に入るときのための防水マットを用意することで解決できます。
湿気の問題も換気扇を回しながらお風呂場の扉も開け放すことである程度解消可能で、さらにお風呂から上がるときに冷水で壁や床を冷やすことでも湿気は弱まります。
それでも湿気が気になり、防水スリッパや防水マットを用いても足が濡れたりする場合は、台所に歯ブラシを置くとよいでしょう。
収納が少なくなる点やコンセント使用が不可能な点については、洗面台の用途を絞り、ヘアアイロンの使用や化粧など水を使わない身支度は別の場所で行うようにすれば対処可能です。

賃貸物件に独立洗面台がない場合の対処法とは

まとめ

独立洗面台付きの賃貸物件を選べない場合に起こる不便のいくつかは対処可能なものであり、その対処法とはほとんどが少しの工夫です。
そういった工夫を続けることが可能かどうかも加味しつつ、利点と家賃を比べて物件を選べば、納得のいく家を見つけられるでしょう。
私たちcafe2LDKは、お客様のご要望にスピーディーにお応えいたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸物件の契約は同棲カップルでも大丈夫?審査が通りにくいって本当?   記事一覧   賃貸物件の築年数は何の目安に?築年数別のメリット・デメリットをご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

戸丸克也 最新記事



戸丸克也

明るく元気は営業マンとしての最低スキル!! お客様に「こんなことまで!!」と感動して頂ける接客をモットーに日々精進しております!!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る

来店予約