株式会社e.cubed cafe2LDK > 株式会社e.cubed cafe2LDKのスタッフブログ記事一覧 > 二人暮らしの部屋探しで生活しやすい間取りはどんな部屋なの?

二人暮らしの部屋探しで生活しやすい間取りはどんな部屋なの?

≪ 前へ|賃貸のアパートやマンション 何時までなら洗濯しても大丈夫?   記事一覧   賃貸物件の防犯対策はどうしたらいい?今すぐできる防犯対策や防犯グッズを紹介|次へ ≫
カテゴリ:高崎賃貸

二人暮らしの部屋探しで生活しやすい間取りはどんな部屋なの?

ご夫婦やカップルの方など、二人暮らしをするために賃貸物件を探す人もいるでしょう。
賃貸物件で二人暮らしをするならば、どのような間取りが適しているのでしょうか。
ここでは各間取りごとの二人暮らしについて解説していきますので、これから二人暮らしを検討されている方はぜひ参考にしてくださいね。

弊社へのお問い合わせはこちら

1K・1DK・1LDKで二人暮らしをするときのメリットとデメリット

賃貸物件で二人暮らしをする場合、ひとまず費用面を重視するなら1K・1DK・1LDKと部屋数の少ない物件で生活すれば家賃を抑えられます。
その反面、部屋が少なく狭いので、二人暮らしには窮屈だと感じることもあるでしょう。

1Kまたは1DKでの二人暮らし

1Kも1DKもキッチンとリビングそれぞれ1つずつ部屋のある間取りであり、1DKの方がキッチンは広いです。
二人暮らしで済むとなれば、二人はほとんどの時間を同じ部屋で過ごすこととなり、一緒にいられる時間を長く作ることができるでしょう。
その反面、喧嘩しても同じ部屋にいなければならず、それぞれがプライベートな空間を確保することは難しいので互いへの配慮が必要になりますね。

1LDKでの二人暮らし

リビングダイニングキッチンと居室の2つの部屋のある間取りが1LDKです。
食事をする部屋と、寝るための部屋を分けて使用でき、リビングで余裕をもってくつろげます。
二人暮らしをしても狭いと感じにくいですが、二人がそれぞれのプライベートな個室は持てません。

2K・2DK・2LDKで二人暮らしをするときのメリットとデメリット

1DKや1LDKに比べると、2DKや2LDKは家賃が高いですが、部屋数が多いので二人暮らしでも空間を広々と使えます。

2Kまたは2DKでの二人暮らし

2Kも2DKもどちらも居室が2つある間取りです。
築年数が古い物件も多く、部屋が2つありながらも家賃の安い物件が見つかることもあります。
部屋が2つあるので、1つの部屋をリビングとして使い、もう1つを寝室にするなど寝食する空間を分けて暮らすことができますね。

2LDKでの二人暮らし

リビングダイニングキッチンに2つの部屋がある間取りです。
例えば1つの部屋を寝室にして、もう1つをプライベートな時間を過ごす部屋、そしてリビングダイニングキッチンは食事をしたり、テレビを見たりしてくつろぐ空間として使えます。
1LDKよりも家賃は高くなりますが、部屋数が多いので生活の自由度の高い間取りの物件です。

2K・2DK・2LDKで二人暮らしをするときのメリットとデメリット

まとめ

賃貸物件で二人暮らしをする場合、1Kや1DKは窮屈ですが、家賃は抑えられます。
1LDKや2LDKだとリビングダイニングキッチン以外にも部屋があるので寝食するスペースをきちんと分けたり、広々と生活できます。
築年数が新しく、部屋数の多い間取りほど家賃が高くなるので、予算と二人の希望を照らし合わせて物件探しをしてくださいね。
私たちcafe2LDKは、お客様のご要望にスピーディーにお応えいたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸のアパートやマンション 何時までなら洗濯しても大丈夫?   記事一覧   賃貸物件の防犯対策はどうしたらいい?今すぐできる防犯対策や防犯グッズを紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

戸丸克也 最新記事



戸丸克也

明るく元気は営業マンとしての最低スキル!! お客様に「こんなことまで!!」と感動して頂ける接客をモットーに日々精進しております!!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る

来店予約