株式会社e.cubed cafe2LDK > 株式会社e.cubed cafe2LDKのスタッフブログ記事一覧 > これからのお部屋探しはLINEのみで完結する時代 いいお部屋は夜中に決まる(取られる)

これからのお部屋探しはLINEのみで完結する時代 いいお部屋は夜中に決まる(取られる)

≪ 前へ|賃貸物件の疑問「初期費用」を安くする為の時期や物件や交渉方法とは?   記事一覧   新型ウィルスの影響で戸建が爆売れに!?マンション需要はどうなる?|次へ ≫
カテゴリ:高崎賃貸
突然ですがお部屋探しって何時くらいにされてますか?

賃貸 高崎



不動産屋に行って営業マンの話を聞いて、実際にお部屋を見てというのがお部屋探しではありません

ここで言うお部屋探しとはネットで掲載されているお部屋を調べている時間の事を差します

ではその気になる時間の正解は



21時前後ですw


仕事が終わって、帰宅して夕飯、お風呂と一息ついてスマホをポチポチといった感じでしょうか


特にカップルさんはこの傾向が強く
二人で一緒に物件を見られるのがこの時間と言う事なんですかね

では今回の記事のテーマであるその時間に物件が決まるという事を解説していきます

今回の記事で伝えたい事
・物件が決まるタイミングはこれからドンドン早くなる
・時間外対応出来ない不動産屋は今後いらなくなるかもしれない

目次


スマホがお部屋探しを変えた 



スマホがお部屋探しを変えた

賃貸 高崎



SUUMOやHOME'SをPCで見ればいつでもどこでもお部屋の情報を簡単に得る事が出来るようになりました
そしてそれはスマホの普及で更に簡単になり、SNSを見るような感覚で賃貸物件の情報を得ている方も少なくないでしょう
実際にSUUMOのデータではスマホで賃貸物件を探す方が9割だそうです

なので会社の休憩時間や通勤時間等のスキマ時間、そして帰宅後の夕食前、睡眠前の時間帯に賃貸情報を見ている方が多いのです

そしてまとまった時間としてはやはり就寝前、ですので21時前後辺りから探し始め、問い合わせをする事が多くなってきたと思います

実際に当社も夜の時間帯にお問い合わせを頂く事が多いです
そして当社ではその時間帯でもお問い合わせに返信をしており、公式LINEで個別対応もしております
そしてこれが今後のお部屋探しを劇的に変えて行くことになるでしょう

実は大手管理会社の殆どが業者専用のネットで24時間賃貸物件の空室情報を公開しております

ですので空き状況は夜中であろうが早朝であろうが確認出来てしまうんです
と!いうことは!

夜中に賃貸物件の情報を問い合わせをし、空室を確認し、初期費用を確認し、室内の状況は写真や動画、パノラマ画像等ネットでいくらでも確認する事が出来ます
正直ここまで出来ればこの時点で物件を決定する方も少なくありません

見てから決める
見ないと分からない
内見しても考えたい

えぇお気持ちは分かります
僕もそんな「見ないで決めて下さい」なんて事は言えません
ですが、こういった決め方をする方がいるのも知っておいて頂きたいのです

お部屋、家探しはもっと簡略化される

高崎 賃貸



僕が住んでいる高崎市では新築マンションよりも新築戸建ての方が需要が高いです
何故なら、駅近というメリットがあまり無い地域なので、群馬県在住、その中でも一番の都市部である高崎市在住の方でも駅近くに住むというメリットがあまりありません
当然地価は高いですが、今後自動運転専用の自動車等が開発されていく未来の事を考えると益々駅近需要は無くなってくるでしょう

つまりテクノロジーの進化が今後の産業も大きく変えてしまう訳です
それは不動産業界にも言える事で、今でもオンライン内見や、オンライン申込等、ドンドン店舗に行く必要が無くなってきています

恐らく後10年もすればVR内見でお部屋を見学し、決定するのが当たり前になってくるかと思います

それが良いか悪いかは別として、利便性を求めた結果の果てが対人接触の排除となり得るわけです

これからはLINEでお部屋探しをする時代

LINEでお部屋探し


LINEを使ってない方っていらっしゃいますか?
僕は今の所お客様の中でLINEを使ってないという方は3年間で1人しかお会いした事がありません
「登録はしてるけど使いこなせていない」という方は10人近くおりましたがw

これだけ年代も性別もバラバラな方々にお会いする職業で使っていない方が1人ってすごいですよね
それだけ今使ってない方がいないアプリ「LINE」

では逆に、今プライベートでメールを使っている方っていらっしゃいますか?
恐らく、殆どいらっしゃらないのでは?
自分のアドレスすらわからないという方も結構いらっしゃいます

話が逸れてしまいましたが、このLINEでお部屋探しをする、メッセージや物件の情報のやり取りをする
これをやっている企業はまだまだ少ないです
(公式LINEだけ作って稼働させてない企業は多いです)

僕の言う稼働とはこの公式LINEでお客様と個別のメッセージのやり取りまで出来ているかという点です
これが出来ていないのであれば公式LINEを作った意味すらありません

ちなみにLINEでお部屋探しをするメリットはお店側とお客さん側で双方にそれぞれあります

まずは店舗側
・お客様がメッセージを見たかどうかが確認出来る(メールでもあった機能)
・毎度毎度「お世話になります」等の堅い文章でのやり取りが省略できる
・会話のキャッチボールのようにスムーズなチャットが出来る
・物件情報を送る際にURLや画像で即座に送ることが出来る
・オンライン申込の場合そのままLINEに送ることが出来る

そしてお客様側
・メッセージが読まれたかどうかが確認できる(こちらはメールではなかった機能)
・レスの速度が断然違う
・電話よりも気軽に、メールよりも早い対応をして貰える
・最悪ブロックすれば、それが意思表示として伝わる(公式LINEの場合はブロックするとお店側に分かります)

総じて言えば、メッセージのスピードの速さと電話よりも気軽にやり取りが出来る所が今の現代人に合っている気がします

なのでこのLINEでのやり取りでお部屋を探せるととにかく早いです
お店に行かずに営業と直接やり取りが出来て、かつ物件情報が送られて来た物を共有でき、気になる物件があればそのまま現地集合

逆にここまで出来て、店舗に行く意味ってありますか?
そして当社であれば時間外の対応も可能です
更に言えばネットに掲載されている物件は掲載店関係無くご案内する事が出来ますのでハッキリ言えば今あなたが気になっている物件は全て当社の公式LINEに送って頂ければ全てご案内出来ます!


ワザワザ店舗を数店舗回ってガソリン代と時間を無駄にしてお部屋探しをした結果、どこの店舗でもご紹介できる物件だった
8割の方がこんな現状です
もし今気になっている物件があり、見てみたいなとお考えでしたら是非ご相談下さい

当店公式LINEはこちらから追加する事が出来ます
≪ 前へ|賃貸物件の疑問「初期費用」を安くする為の時期や物件や交渉方法とは?   記事一覧   新型ウィルスの影響で戸建が爆売れに!?マンション需要はどうなる?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

戸丸克也 最新記事



戸丸克也

明るく元気は営業マンとしての最低スキル!! お客様に「こんなことまで!!」と感動して頂ける接客をモットーに日々精進しております!!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る